「64bit VS 32bit」や「7 VS 8」で音質は異なるか

09/09/27初稿

 API(といえばいいのかな)はWASAPI前提です。もちろん排他モード。

 音質変化の感想は当然ながら主観によるものです。その点は客観的記事ではありません。


■64bitと32bitで音質は異なるか?

 盲点だったというかぬかったというか。
 HDC-1L搭載の945GC+Atom230ってIntel64Readyじゃないの!

HDC-1L CPUID
 NetBookのN系Atomは非対応だからうっかりしてた。

 で、気づいたからには早速Win7RC-64bit版をHDC-1Lにインストール(これでXPと合わせてトリプルブート環境に)。
 最初の更新インストールしてしばらく放置した結果がこれです。

HDC-1L64.gif

 dpiを「中」に上げてるところなど32bit版と大体同じ環境に設定しました。メモリは若干食ってるかな? という程度の差しかないですね。これなら標準のメモリ1Gでも充分そうです。

 んで、比較試聴してみました32bit VS 64bit! ありがたいことにuLilithは64bit版も用意されているので、もちろん64bit版を使います(ちなみにVisual C++ 2008のランタイムもx86版とx64版があるので注意)。

 …かなりハッキリ64bitの方がいいです。音が個々にほぐれてきちんと聴こえるようになり、といってシャープネスを効かせたようなところもなく、例えて言うとサンプリングレートが上がったようなしっとりした上品さが出てきます。
 これはイケてます。64bit常用決定ですね。

 とするとちょっと考えることが。
 HDC-1Lの後継機が出るとするとおそらくskuはWin7Starterでしょう。Starterは32bit版しかありません。AnyTimeUpgradeもおそらくそのまま32bitにしかできないでしょう。
 ということは、後継機で64bit版Windows7を使いたければ「追加購入」が必要ということ。じゃあ、現行のHDC-1Lでもいいかもね。XPも味わえるし(笑)。


■OSを変えると音質は異なるか? E-350編

 以下、14/07/05に改めてまとめ。
 E-350自作プレーヤPC(HDMI-Audio)のOS変遷と音質の変化の記録です。 すべて64bit版です。

・Windows7 ⇒ Windows8
 12/11/13。
 Windows7 HomePremium SP1とWindows8を同じPCで比較すると、8の方が音質いいと感じます。善し悪しは主観としても、変化しているとは言えると思います。
 ただ、Windows7環境はアプリこそインストールしていませんがドライバ入れ替えたりは結構していますので、その上に新規で入れたWindows8は“まっさら”なのが効いている可能性もあります。

・Windows8 ⇒ Windows8.1
 13/10/20。
 8.1にupdateしました。

 ストアに接続してみたのですがアップデートが見当たりません。なんでもOSの更新してないと出てこないことがあるとのこと。プレーヤPCはインストールディスクからインストールした直後の状態でネットワークから切断していたため、OSは全く更新されていません。
 WindowsUpdateかけたら100個近くの更新がありました。

 が、そもそもまず「メンテナンス」が発動してしまい、それが終わらないと更新のDLすら始まらず。メンテナンスだけで3~4時間かかりました。

 やっとメンテナンスとOS更新を終了させると、ストアに8.1Updateが表示されました。その後はそれほど時間かからず。

 web情報にあった認証コードを入力するプロセスはありませんでした。

 Windowsアカウントでサインインした状態になってしまうので、ローカルアカウントでのサインインにするには、設定からアカウントのリンクを切る必要があります。

 なんだか、いくつか設定が変わっちゃったような気がします。

 ちなみにRADEONドライバUpdateしたらGPUクロックなどのプリセットをダブルクリックしても適用されなくなくなってしまいました。新しく登録したら動作しました。なんか切れた?

 システムドライブに.BTとか.oldとかってフォルダができちゃいます。ディスクのプロパティから「ディスクのクリーンアップ」を選択し、それっぽい項目のラジオボタンを選択して実行すれば消えます。

 同時にRADEONのドライバ(HDMI-Audioドライバ含む)も最新版に更新しましたのでその影響もあると思いますが、8.1にして音は良くなったと思います。プラシーボや勘違いの可能性も大ですが、少なくとも悪化はしていないとは思います。

・8.1でエクスプローラを殺す
 Windows8.1になって、スタート画面の背景色に「全黒」が選べるようになりました。これは嬉しい。背景が音と何の関係があるかって思われるかも知れませんが、HDMI-Audioには結構影響があるんです。

・PC-Audioでは「explorerをKillする」という音質チューニングがあります。
・Windows8では、explorerをKillした時の画面色は何故か「スタート画面の背景色」になります。
・そして、Windows8では「スタート画面」の背景色に「全黒」が選べませんでした。
・よって、Windows8ではKillした時の画面を全黒にできませんでした。
・USB-Audioなどでは問題にならないのですが、音声を送るHDMIの画面は黒がベストです。

 よって、従来、HDMI-Audioでは「explorre-Kill」が使えなかったのですが、それが可能になったということです。
 KillしてもHDMI画面が真っ黒であること、VGAを抜いてもそのままなことを液晶モニタで確認しました。

 さて、効果はどうでしょう? Killするとスッキリするようですが、現時点では“圧倒的にいい”変化とも言いかねるものでした。チューニング手段がひとつ増えたってところでしょうか。

・Windows8.1 ⇒ 8.1Update (Update1とも?)
 14/07/05。
 今更ながら8.1→8.1Updateにしてみました。

 8.1にしてから全くネット接続していませんので例によってごっそり更新が入ります。メンテナンスが発動したのかずっとHDDアクセスしっぱなしで、夕方から始めて寝るまでに終わらず、放置しておいたら朝8.1Updateになってました。

 ということで聴き比べ間隔が空いちゃいましたのであまり正確ではありませんが、重心が下がって低域が出るようになり、全体的にウォーミーになった気がします。
 過去の経験からクールな解像度系にふれるであろう別のチューニングパラメータ設定にしたら結構いいカンジになりました。

 なお、OSとしてはさらにスリム化されたと聞いていましたが、Thindows環境であることも影響しているのか、PlayPcmWin再生中のプロセス数やスレッド数、ハンドル数に有意な変化はありませんでした。

Windows81update.png

 8.1UpdateのPlayPcmWin再生中。CD1枚分メモリに展開している状態です。


■OSを変えると音質は異なるか? X79編

 15/09/20。PCはX79自作機に変えました。その際、Thindows化は止めています(止めなくても充分パワフルですし止めたことによる弊害が心配になったので)。プレーヤソフトは≪foobar2000≫、DSD256変換再生です。
 OSはもちろん64bit版のままです。

・Windows8.1Update ⇒ Windows10
 MSサイトから上書きアップグレードしてみました。ずっとネット接続していませんでしたが、MSに指示されるままにやったら必要な事前更新も自動で適用したみたいで、ほとんど手間はかかりませんでした。アクティベーションも済みになってましたし。1時間かからない程度だったと思います。
 Windows10は常にアップデートするポリシーみたいですので、今回はネット切断する前に当日分までの更新はすべて適用しておきました。
 RADEONドライバは入れ直し。TEACのUD-503ドライバも入れ直しでした。ざっと見たところではOSの設定は引き継がれてましたので、手動でやるのはそれくらいかな。
 音質は、聴き比べるには時間が空きすぎですので定かなことは言えませんが、善し悪しはさておき変わったと思います。ちょっと肉厚になりましたのが一方で聞こえなかった音が聞こえるようになったようで、個人的には気に入りました。ていうか正常進化?

 念のためですが、ホントにOSのせいで変わったかは定かではありません。


メインメニューへ

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
ERIへようこそ

Author:らかせ
「最新記事」または
「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です

・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります

・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください

・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください

・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください

・アフィリエイトはAmazonのみです

・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター