FC2ブログ

メインメニュー

Electric Emotional Entertainment Reserch Institute
 本「メインメニュー」は、話題ごとに古い順を原則につながりを考慮して並べています。

*更新情報(新規登録は右記「最新記事」をご覧ください)

 19/11/24:「UD-503」記事から「ヘッドホンバランス駆動」を独立させました。
 19/11/24:foobar2000関連の情報をfoobar2000記事に集約してまとめなおしました。
 19/10/17:「CDの構造」記事から「プリギャップ関連」を独立させました。
 19/10/03:「オフセットとギャップ」記事から「CDの構造」を独立させました。
 19/09/29:「DB照合サービス」記事から「オフセット補正注意」を独立させました。
 19/09/26:おかげさまで10周年(カウンタは377,707)。ありがとうございます。
 19/09/14:「PureRead3+」記事から「平均値補間」を独立させました。
 19/09/14:「エラー訂正」記事から「DB照合サービス」を独立させました。
 更新履歴

・007:諸事
・008:本Blogにおける用語定義・略語


【PC-Audio】
・053:ファイルオーディオの基礎知識
・129:ジッタの基礎知識

■リクツ
・066:デジタルデータはコピーで劣化するか
・089:リッピングソフトによる「ビット品質差」は存在するか (同じ0/1に音質差はあるか)
  ・140:リッピング環境による「ビット品質差」は存在するか (&仮想ドライブ効果考察)
・113:サンプリング定理を改めデジタルオーディオの原理を勉強する
  ・116:サンプリング周波数と周波数成分と帯域制限を可視化する
・117:PCのアップサンプラとDACのデジタルフィルタはどんな関係か (UDA-1活用へ)
  ・124:PCソフトはDACチップハードのデジタル処理を代替できるか
・132:アップサンプラの「位相応答」とは何か
・133:「インパルス応答」のエコーは問題なのか
・121:PCMの「TruePeak」とは何か
・120:DSDの「MaxPeak」とは何か

■ハイレゾ
・065:ハイレゾファイルの中身はハイレゾ(良マスタリング)か
・110:ハイレゾフォーマットの効能を聴き比べるには
  ・111:試聴準備:ハイサンプリング領域に成分があるか
  ・155:試聴準備:ピークが潰れていないか(ハイレゾに限らず)
  ・112:試聴準備:システムはハイレゾ高域を再生できているか
・128:ハイサンプリング領域にノイズ問題はないか
・125:ビット深度は“16”で足りているか

■リッピング(ソフトウェア)
・015:WAVフォーマットを理解しておく
・165:音楽CDの構造を理解しておく
  ・167:プリギャップはどう読まれどう再生されるか
  ・091:オフセットなどの「ズレ」はリッピングにどう影響するか
・052:音楽CDのエラーとは何か (&補間エラー名称はC2かCUか考察)
  ・051:EACやiTunesが「エラー訂正」しているのか (セキュアリッパー考察)
    ・068:セキュアリッパーの限界:ドライブ相性
    ・162:セキュアリッパーの限界:平均値補間
  ・163:リッパーの「DB照合サービス」とは何か (AccurateRip&CTDB考察)
    ・164:DB照合サービスの注意点:オフセット補正
    ・161:DB照合サービスの新機能:リッピングエラーをリッピング後に修復する
  ・166:リッピングエラー(補間)はインパルスノイズになる
・084:音楽CDの「エンファシス」とは何か
・168:音楽CDの「HDCD」とは何か

■リッピング(ハードウェア)
・013:PureReadの効能
  ・045:PureRead2は進化しているか
  ・139:PureRead3+は進化しているか
・014:リッピング条件が異なるとリップされたデータは変化しているか
  ・082:ダメージディスクでは何が起きているか (リッピングまとめ)
  ・083:光学ドライブのダメージディスクリッピング得手不得手

■送る
・009:WASAPIおそるべし
・018:デジタルケーブルで音は変わるか
・022:デジタル転送時にデータは変化しているか
・040:デジタルなのに音が変わるワケ
  ・070:DAC方式とDSD再生
・039:ppmがジッタなのか
  ・050:アシンクロナスモードはフロー制御しているか
・114:インターフェイスとDAC事情から「ジッタ」について理解しておく
  ・115:ジッタ対策に何ができるか考える
・081:プレーヤソフト設定とデータ仕様が異なるとビット深度はどうなるか
・067:foobar2000を知る
  ・069:foobar2000とアップサンプリング
  ・119:foobar2000とDSD

■鳴らす(USB→S/PDIF)
・010:PCセレクト(1):ONKYO製HDC-1L
・011:DDCセレクト(1):ONKYO製SE-U55SX
  ・024:SE-U55SX電源を安定化電源で
・041:DDCセレクト(2):RATOC製REX-Link2EX (USB-I/Fをワイヤレス化)
  ・042:REX-Link2EX電源をeneloopとかレギュレータで

■鳴らす(HDMI)
・023:SACDのDSD再生から始めるHDMI-Audio (&HDMI規格まとめ)
・044:PCのHDMIでハイレゾ&マルチ再生を試す (915GME&H55で味見)
・061:PCセレクト(2):J&W製E350-GT (S/PDIFからHDMIへ宗旨替え)
・062:PCセレクト(3):GIGABYTE製GA-E350N-USB3 (HDMI-Audio構築&UpSampling)
  ・063:HDMIリンクスピードと音質 (&HDMIモード詳細)
  ・072:Audio-I/FとしてのHDMIデバイス変更

■鳴らす(USB)
・090:DACセレクト(1):SONY製UDA-1
  ・118:UDA-1を「なんちゃってNOS-DAC」として活用する
・122:Audio-I/FとしてのUSB検討
・123:PCセレクト(4):GIGABYTE製GA-X79-UD3 (パワーオーディオに宗旨替え)
・126:DACセレクト(2):TEAC製UD-503
  ・131:UD-503でヘッドホンをバランス駆動する
  ・127:UD-503のデジタル処理を確認する (なんちゃっていないNOS-DAC)
・156:PCセレクト(5):ASUS製Z170-A (世代のジャンプアップを試す)

■いじる
・064:プレーヤソフト制御法
・080:検証用デジタルデータ操作法
・029:OSチューン(&Thindowsのつくりかた)
・046:H/Wチューン
  ・071:HDMI光アイソレーション
  ・073:クロックや電圧をいじる
  ・077:CPUコア数をいじる
・157:デジタルチューン


【Audio】
・028:アナログケーブルで音は変わるか
・033:805 VS 805S とユニット増し締め
・048:AVアンプの活かし方
・049:音が変わるって科学かオカルトか
・054:電力と節電とピークシフト (システムの実消費電力)
・088:グランドとアースを理解する
  ・144:グランド・アースとケーブル構造の関係を再考する(電線病治療)
    ・145:グランドとアースをチューンする
・078:iTunes10と11で音質は異なるか:AAC編
  ・079:iTunes10と11で音質は異なるか:WAV編


【Visual】
・143:BDZ-EW1200導入記
・158:BDディスクの相性・容量


【PC】
■ソフトウェア
・026:Windows7アップグレード所作
・075:Windows8導入記
・138:Windows10(無償)ライセンス挙動

■ハードウェア
・038:DisplayPortとHDCPとWQXGAと
・047:MatrixRAIDの挙動を理解する
  ・142:Windows10の「記憶域」は使えるか
・055:パーティションオフセットの諸問題
・058:GfxカードとQuickSyncVideo共存方法
・076:GA-Z68X-UD3H-B3をUEFI化する
・147:Z170を修める
  ・149:NVMeも修める

■モバイル
・086:パケット料金を抽象化して考える
・087:モバイルルータとMVNO回線を選ぶ
・108:miix2でWindowsをモバイルする:ハード編
・109:miix2でWindowsをモバイルする:ソフト編
・130:スマホでG4通信とFOMA通話をデュアルSIM運用する
・137:ThinkPad X220改造とWindows10化


では
最新記事
ERIへようこそ

Author:らかせ
「最新記事」または
「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です

・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります

・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください

・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください

・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください

・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

・Amazonアソシエイトに参加しています(アフィリエイトはAmazonのみです)

カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター