miix2でWindowsをモバイルする:ソフト編

14/08/30初稿

 先にハードウェア的な情報をまとめましたが、続いてソフトウェア的な観点から。


■どんなソフトウェアか

・OS
 右下にBuild番号9600が出てますけど“壁紙の画像”です。
 アクティべーションされてませんでした。
 ネットにつないだら自動的にアクテベされました。
 最初は「更新プログラムはない」と出てたんですが、しばらくネット接続していたら18個DLしてました。
 本稿時点では「Update」バージョンになっています。

・Baidu-IME
 デフォルトIMEになってました。のでネットにつなぐ前に削除。
 このあたり「IBM」じゃなくて「lenovo」なんですねぇ。なんてしみじみ。

・Veriface
 顔認証ですが、これも速攻削除しました。使わないしバッテリなどの問題あるみたいなので。

・McAfee
 契約期限が14/03/26でした。起動したのは03/27です。すでに切れてますがな(苦笑)。
 どうも製造年月日が14/02/24のようで、インストールされたのもその日になってます。そこから30日ということのようです。意味ないぢゃん。
 スキャンなどの機能は動きますが更新はできない模様です。
 アンインストールしました。

・KingSoftOffice2013
 30日間の体験版。さっくりアンインストール。

 IEってホームURLを複数登録できるんですね(別タブで開く)。デフォルトでmsnとlenovoのタブが開きます。


■画面デザイン変更

 さて、兎にも角にも、まずは「8inchのフルWindows画面」を見やすく使いやすくしましょう。

・画面解像度
 コントロールパネル「ディスプレイ」の画面解像度設定は初期値では「小」でしたが「中125%」にしました。
 「すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する」のチェックをハズすと出てくる倍率設定スライドバーは、グレーアウトしていて動きませんでした。

・テキストサイズ
 コントロールパネル「ディスプレイ」でテキストサイズを変更すればデスクトップ画面のタッチ操作もしやすくなります。同時にバーの幅も広がりますので。
 しかし、常時表示されているもの(タイトルバーなど)を大きくすると作業領域を圧迫する点はバーターとなります。一方、右クリック(相当)で呼び出す「メニュー」などは呼び出した時しか表示しないので大きめにしておいた方が操作しやすいと思います。
 「メニュー」だけ14に変更しました。

  タイトルバー    デフォ11
  メニュー       デフォ9 → 14
  メッセージボックス デフォ9
  パレットタイトル  デフォ11
  アイコン       デフォ9
  ヒント         デフォ9

・スクロールバー幅
 レジストリ編集で変更可能(*)です。初期値は-252。

*:http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_8-tms/windows8%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF/61557cf4-7e1f-4cb4-bd74-2e30500f0976

・タスクバーボタン
 小さくするとタスクバーが細くなるので作業領域が広がります。


■OneDrive

・設定の同期
 デフォルトで「同じアカウントで複数のPCに同時サインインすると(ネットに繋がってる環境では)同期かかる」設定になっていますので、サインイン前にOneDriveの同期設定をしておいた方がよいです。デスクトップ設定などは同期させたくない場合もあるでしょうから。
 私は、同期する設定のままデスクトップとmiixに同じアカウントでサインインしてしまいました。
 あわてて停止したのですが、そのためでしょうか「お気に入り」がとても中途半端になってしまいました。デスクトップPCのお気に入りフォルダが消えて大変でした。

 さて、そもそもどっちがどっちに同期するのでしょう?
 miixの方だけweb関連同期を許可したら、お気に入りは「or」になった模様です。ですが、同期オフにしたデスクトップPCのお気に入りを削除しても反映されません。最初同期オンにした時“OneDrive上にキャッシュされたデータ”に同期したのでしょうか。
 いずれにせよホーム画面など「デスクトップとmiixでは違う設定にしておきたい」ところまで同期しちゃうので自動同期は使えません。

・オフラインオリエンテッドのクラウドサービス
 OneDriveは「それなりにローカルストレージがあってオフライン・ローカルでの運用も行うデバイス」を想定していると思いますので、やっぱPCでの運用は便利ですね。

 エクスプローラから見えるOneDrive上のファイルは、オフラインでも利用可能状態(「オンラインでのみ使用する」のチェックをハズしておく)にしておくと、「ローカルOneDrive」と「クラウドOneDrive」の両方に同じデータを持ち、自動的に同期してくれるようになります。同期には1minくらいギャップがある時もあるようですので、編集したファイルを別PCから扱う時は同期が済んでいるかチェックした方がいいと思いますが、ネット接続するとバックグラウンドで同期してくれますので実運用ではほとんど意識する必要はないでしょう。
 ちなみに同期の設定はファイル単位、フォルダ単位で可能です。もちろんローカル「OneDrive」フォルダ全体での設定も可能です。

 ですので、あたかもクラウド上のファイルを扱っているようにローカルのファイルを扱えます。逆の言い方でもいいかな。
 もちろん「同時に編集」したりすると競合になってしまいますが、その場合は別名ファイルができあがるようですので、中身を見て判断、ということのようです。
 一人なら「デスクトップとmiixで同時に編集しない」というポリシーを守るのは難しくはないでしょう。

 OneDriveのオフラインフォルダはUsersの下にあり、他のUsersフォルダと同じように扱えます(場所を変えることもできます)。普段と同じくローカルのファイルとして扱っていて違和感ありません。「クラウドと同期対象になる」という点だけが特徴的なフォルダということです。

・削除と復元
 ファイルシステムとしては上記のような実態ですので、ローカルOneDriveフォルダと同じドライブ上にあるファイルはエクスプローラでドラッグ&ドロップすると元フォルダから「移動」してしまうので注意! です。

 この認識がなかった時(当初ローカルOneDriveを特別視していてドラッグ&ドロップすると「コピー」してくれる感覚だった)、ローカルOneDrive上に“移動していたファイルをコピーのつもり”で削除してしまったことがあります。ローカルで削除するとクラウドOneDrive上からも同期して削除されます。ご丁寧なことに「ごみ箱を空に」した後でコピーではなかったことに気づきました。
 復元ソフトを使ってもサルベージできずどうしたものかと試行錯誤していたら、webからアクセスすると見えるクラウドOneDriveの「ごみ箱」に残っていました。ローカルのごみ箱を空にしてもクラウドのごみ箱は空にはならない=ごみ箱は同期しないのですね。助かりました。

・デフォでクラウド
 「カメラロール」と「ドキュメント」はデフォでOneDriveに保存する設定になってます。最初によく設定確認すべきですね。
 カメラロールを「アップロードする」にしないと、ローカルOneDriveではなくユーザフォルダの「ピクチャ」の下の「カメラロール」フォルダに保存されます。ドキュメントについてはよく解っていませんが、オンにしておいたらOneNoteがいつの間にか(?)生成したファイルがOnedriveフォルダの「ドキュメント」内にできていて同期されていたので、Officeなどの保存先の意味でしょうか。

・カメラロールのボーナス3GB
 「クラウドOneDrive画面」で容量7GBであることを確認。
 カメラロールの設定で「写真を高画質でアップロードする」にして撮影→アップロードされた後(「画像」というフォルダができていた)「ファイルの保存」をタップしたところ、しばらく悩んでましたが戻ってきたら10GBになってました。
 すぐにアップロードしないに設定変更しちゃいましたが、増えたまま減ってはいません。15GBに増量された後もボーナス3GBは残っています。
 MSサポートコミュニティによると、一度は実際にアップロードしないと有効にならない模様です。また、私はワリとすぐ増量されましたが、48時間くらいかかることがあるとのことです。

・速度
 アップロードは数Mbps程度しか出ていない模様。遅い…


■マイクロソフトアカウント

・パスワードをパス
 Microsoftアカウントとユーザを関連づけすると起動時にパスワードが必要になります。
 netplwizというプログラムを起動してパスワードチェックをハズせば不要にできる(*)そうです。

*:https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=014273

 それでもデフォルトだと15分以上スリープしているとロックされます。これは、チャームの「PC設定」→「アカウント」→「サインインオプション」で不要化できます。
 パスワード不要化は同じアカウントでもPCごとに設定必要です。当たり前ですけど。

 各種設定していたら「ユーザ名かパスワードが正しくありません。入力し直してください」という画面が出るようになったことがありました。netplwを見るとチェックは外れたままです。チェックボックスを入れてハズすと設定画面になるので、もう一度入れ直したら直りました。

・ストアアプリ版メーラーのアカウント
 サインインしているOutlookのアドレスではない別のアドレス(MS以外のプロバイダ含む)でも使えます。
 送信mailの送信元はそのアドレスになりリプライは当然そのアドレスに届きます。

・アカウント名(メールアドレス)の変更
 14/12/30追記:web検索すると「できません」ってことになってるみたいですけど、メールアドレスは「アカウント本体のエイリアスである」という概念ではないかと。メールアドレスは複数登録できてどれでもサインインできるようですし、表示されるのは「プライマリエイリアス」であってやはりエイリアスですし(切り替えられますし)。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/outlook/add-alias-account

 ちなみに、エイリアスアドレスは既存がなければ「取得」を押すと確認なく確定しちゃいますので要注意(苦笑)。

・ファイルのやりとり
 同じアカウントでサインインしていると、右クリックからフォルダを「共有」するだけでフルコントロール許可の共有フォルダになります。小さなテキストファイルなどはOneDrive経由が便利だと思いますが、大きめのファイルのやりとりはこの方法でやってます。
 ターゲットを共有にして、ファイル操作終わったら共有解除。「する」も「解除」もプロパティの共有タブ「詳細な共有」から設定するのが確実っぽい(なんとなく)。エクスプローラの「ネットワーク」を見ればどのフォルダを共有にしているか確認できますので、どこを共有にしたのかワカンナクなるといったこともありません。
 ただしサックリ認識しないこともあり、使いこなしにはちょっとコツと忍耐が必要かも。


■動画再生

 音声再生は問題ないでしょう。あまり特殊なフォーマットを使うことはないでしょうし、もしそうでもCODECの入手は容易でしょうから。
 が、モバイル環境で「動画再生」にはCODECが必要です。OSがCODEC持っていませんので。さらに条件として「ハードウェアアクセラレーションに対応していること」が必須です。バッテリ運用ですので。

・CODECは何処に?
 ストアアプリ「Power Media Player体験版」をインストールしたらm2tsファイルを再生できました。このアプリを使う場合、別途デスクトップアプリでCODECをインストールする、といった必要はないようです。
 しかし、同じストアアプリの「ビデオ」では再生できません。デスクトップアプリのWMPでも再生できるようにはなりませんでした。
 ということはPMPがストアアプリとして自分専用のCODECを持っているということ?

 デスクトップアプリの「PowerDVD8」をインストールするとWMPでもm2ts再生できるようになりました。これまで通りですね。が、ストアアプリの「ビデオ」ではやっぱり再生できず。CODECはデスクトップとストア、およびストアアプリ同士では共有しないんでしょうか。

 面白いというかやっぱりというか、「PowerDVD8」本体ではm2ts再生できませんでした。無反応になってしまいます。アクセラレーション設定を確認しようとしたらエラー終了しちゃいました。再起動してもダメです。
 CODECは対応してるけど、プレーヤソフト本体はWindows8.1に非対応ってことですかね。
 アンインストールしたらWMPでは再生できなくなりました。
 インストールされてる時はOS共有のCODECとして他のアプリに使わせてくれるけど、アンインストールされるときちんとCODECも消していくらしいですね。当たり前か。

 ちなみにストアアプリの「VLC」ではm2ts落ちました。

・負荷はいかがか
 1440x1080のm2ts再生時のCPU占有率はWMPとPMPで同じくらいでした。0.6GHzくらにシフトダウンしたまま8%くらいを維持します。1280x720にエンコードしたmp4も同程度でした。
 ハードウェアアクセラレーション効いてるんですね。これならモバイルでのハイビジョン動画再生も充分できそうです。つまり買ってきたBDドライブに付いてて眠らせているPowerDVD(のCODEC)入れればOKっぽい(笑)。


■GPS

 8inch画面でカーナビとか使えたら見やすいと思ってGPS付きを選んだのですが、ウサワ通りWindows環境のGPSってまだ実用段階にないですね…
 以下、14年4月時点の挙動です。

・初動
 まずは宅内にて。
 「IEの天気」では所在地を表示していました。マイクロソフトアカウントでサインインしていない状態だったのですが、IP解決でしょうか? または、GPSの位置情報提供はデスクトップ環境の設定ではデフォルトでオンになっているためでしょうか。ストアアプリのデフォはオフなんですけどね。
 「Bing地図」でGPS使用許可したら、「自分の位置」は数キロ離れたあたりになりました。菱形ピンはオレンジ色。
 菱形ピンは地図を拡大縮小すると白くなりました。GPSつかめている状態で「自分の位置」を押下するとやっぱりオレンジ色になる。はて? 白はほぼ正確、オレンジはIP解決らしい(*)んですけど。

*:http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/win81wb/20140205_633817.html

・コールドスタート
 GPSは、初めて使う時などは「自分がどこにいるのか」を暫く認識させる必要があるそうです(*)。
 以下、初めて野外に持ち出した時の「Bing地図」の挙動です。

*:http://ascii.jp/elem/000/000/865/865751/

 地図を表示したまま鞄に入れて自宅から駅まで約20分ほど歩き、駅で見たらかなり正確に(駅ホームの改札よりにピン)自位置を示してました。
 電車移動中はピン動きませんでした。車内の窓に押しつけてもほぼ現在位置更新できません。が、乗り換え時や目的駅に着いたら自動的に更新しました。また、徒歩中はかなり正確に短間隔(1sec以下?)で更新してました。ですが、カバンに入れたら止まったかも?
 GPSのコールドスタート終わった後も、宅内では「自分の位置」はやっぱり数キロ離れたあたりになります。

 以上から、“miixから空が見えてないと”事実上更新しないと思った方がよいようです。 
 空があれば誤差5~10mくらいでしょうか。

 ちなみに、暫くGPS使わないと忘れちゃうっぽいです。また、長距離移動後に使うとコールドスタート必要なようです。

 GPSドライバ
http://support.lenovo.com/ja_JP/downloads/detail.page?DocID=DS038256


■アプリケーション

・ストアアプリ:Bing地図
 GPSはオフラインでも動きます。地図がキャッシュされたところはオフラインでも詳細表示できます(キャッシュがないところは荒くなる)。ですが、2日後には表示できなくなってました。何らかのタイミングでキャッシュクリアしているのでしょうか。
 オンラインだとGPSを捕まえてなくても「自分の位置」をタップするとそこにスクロールしますが、オフラインだとしません。 ちなみに、使い始めの一番最初、オフラインだと起動できませんでしたが数日後には起動できるようになったようです。はて。
 1画面1MBくらい通信してます。

・ストアアプリ:Bingニュース
 キャッシュ型で、5~10MBくらいDLする模様です。当然オフラインで読めます。自宅の11aでは、タイルをタップすると「ダウンロード中」という表示が出て、20secくらいで終了します。
 ある日、タッチに反応しなくなくなりました。再起動してもダメ。スタート画面からハズしてもダメです。アンインストール・再インストールで直りました。

・ストアアプリ:NAVITIMEドライブサポーター
 30分くらい走ったら50MB くらい通信してました。ナビモードじゃないとフロントアップにならない模様です。
 ナビとしては、なんだか上手く動きませんでした。

・ストアアプリ:天気
 15/10/01追記:ある日数珠くるくるのまま起動しなくなりました。何かしたかというと、デスクトップのIE11でキャッシュ削除したくらいです。ネット上には、キャッシュフォルダを変更すると直るみたいな情報がありましたので、何か関係あるのかも知れません。アンインストール・再インストールで直りました。…と思ったら2回目の起動でやっぱりダメに。
 MSだめぢゃん。

・デスクトップアプリ:WzEditor8
 8.0.17ではタッチスクロールできなませんでしたが、8.0.18でできるようになりました。ちょっとモタつきますけど。

・ATOK2013
 上述の通りBaidu-IMEは速攻削除しました。IMEはWindows8系に対応しているATOK2013を使っています。
 タッチキーボードでの入力では自動的にスマホライクな変換候補を予測表示してくれるモードになります。かなり便利だと思います。
 ソフトウェアキーボードと作業画面とのバランスを調整したいと思い、サイズ変更できる「オンスクリーンキーボード(osk.exe)」を使ってみようかと思ったのですが、その場合は自動的に普通の変換モード(デスクトップでのモード)になりました。明示的に切り替える方法はあるのかも知れませんが見つけていません。


■おまけ

・カンタンには終わらないストアアプリ
 上から下へゼスチャしても8.1では終了しません。
 ので、音楽再生などでUSB外付けHDDのファイルにアクセスすると終わらせたつもりでもファイルをつかんだままになっているらしく、「USBの安全な取り外し」でエラーが出てしまいます。タスクマネージャでつかんでいるであろうアプリを終了させたらエラーなく取り外しできました。
 下に持っていってちょっと待つとひっくり返ってタイルアイコンになるので、その状態でさらに下げると終了するようです。

・ハードウェアキーボードに準拠したタッチキーボード
 デフォルトだと選択肢に出てこないんですよね。
 チャームから「PC設定の変更」→「PCとデバイス」→「入力」で、「ハードウェアキーボードに準拠したレイアウトをタッチキーボードオプションとして追加する」をオンにすると選択できるようになります。
 まどろっこしいです。MSとしては使わせたくないんでしょうかね。

 タスクバーのプロパティの「ツールバー」タブで「タッチキーボード」にチェック入れておくと、タスクバーにタッチキーボード表示非表示切り替えアイコンが出せます。デスクトップアプリもよく使う場合は出しておいた方が便利かと思います。

・回復ドライブ作成
 もらった8GBのmicroSDを100均アダプタに搭載して作成。45分くらいかかりました。きっとWrite性能に依るのでしょう。
 ズバリ「回復」っていうドライブ名になったのはちょっと笑った。

 回復ドライブの作り方
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1212/21/news096.html

・MACアドレス
 公衆無線LANのMACアドレスログインなどのために知りたい時ありますよね。
 無線LANのMACアドレスは、「PC設定→ネットワーク→接続→Wi-Fi」に「物理アドレス」という名称で表示されます。


・15/08/23追記:気づいたら「Windows10アップグレード」の案内が来てました。可能だそうです。メーカサイトでは対応機種になってないみたいだったので、8inchは非対象なのかな~と思ってました。


■Windows10顛末

 本項16/02/20追記。先週、ナントナクその気になってやってみたUpgrede結果です。

・全体的に、アプリ開く“間”とかが遅くなったような。8inchタブレットとしては特段便利になったところはないような。

・タイル表示など全体的にちっちゃい。
 「タブレットモード」「デスクトップモード」切り替えになったが、Win8のデスクトップタイルの方が切り替え便利だった。一度“起動”しとけばWindowsキーで切り替え一発だったし。
 といった点など、8inchタブレットとしてはWin8の方が使いやすい。

・ストアからインストールしてあったストアプリはそのまま動いた。標準アプリは当然Win10用(ユニバーサルアプリ?)に入れ替わってたけれど。

・InstantGoは大丈夫っぽい。

・フォント設定、すべてデフォ9になってた。14にしといたメニューも9になってたが、14だと大きすぎるように感じたので11に。

・≪メール≫の設定引き継がなかった。フォントきたね~

・≪ニュース≫がDLタイプではなくオンラインじゃないと読めない仕様に。ストアアプリをいくつか試してみたがオフラインでも使えるものは見つからず。スマホでテザリングはできるけど、それならスマホで読めばいいワケで。

・横向きにしてるとタッチK/BがGoogle検索窓などの入力画面を隠してしまう。Win8の時は自動的に画面分割したのに。縦表示でなんとかしたけど。
 サインインパスワード画面すら隠してしまうとはどういうこっちゃ? Upgrade後に何か設定変更しないとダメ? だとすると、K/Bがないのは判っているハズなのに不親切な設計だなと。

・つまり、Windows10(というかユニバーサルアプリ環境としてのWindows)って、「デスクトップOSへの回帰」と同時に「スマホOSとの調和」を図ったOSということかと。決して「タッチK/Bや常時オンラインじゃない場合の使い勝手をよくする=タブレットOSとしてのブラッシュアップ」ではないようです。
 だって4Gや3Gの通信モデムを搭載したWindowsタブレットなんてほとんどないのにオンライン前提にするなんて変ですよね。画面も8inchや10inchくらい(1280x800程度)が普通ですし、横向き需要も多かったと思いますから(事実Win8のストアアプリは横向き推奨っぽかった)、それで使いにくいっての変ですし。
 一方スマホは「オンライン前提」「デフォルト縦向き」。ストレージに余裕はないのでアプリもキャッシュしないのが前提になるでしょう。

・つまり、どうも「OSかつユニバーサルアプリのコンセプト」として、“ハードウェアK/Bレスで使うタブレット”は切り捨てたとまでは言わずともかなりプライオリティは下げたのではないかと。市場小さいみたいですしね。持ち歩くのは2in1機前提で、自宅や会社やWiFiカフェとかで落ち着いてオンラインにして使えと。
 こうしてみると、Win8は逆に“ピュアタブレット”にフォーカスしたOSだったのだと思えます。miix2で使うならWin8の方がよさそうです。

・ということでさっくりWindows8.1Updateに戻しました。1時間くらい放置してたら戻ってました。ちなみに帰宅途中の電車内で開始しようとしたらバッテリじゃダメだって断られました。

・これってUpgrade直前のバックアップに戻すのではなく、「OSのバージョン(標準のストアアプリも含めて)」を戻してるんですね。なので、Windows10状態で削除したデスクトップ上のショートカットやプログラムは元に戻りませんでした。テキストサイズはすべてデフォルトに。スクロールバーの幅もリセットされたみたい。
 ツマンナイ話ですが変更したロック画面画像も元に戻りました。それはいいんですが画像変更できなくなっちゃったみたい… Win8戻しの際の注意点かも知れません(ツマンナクないです(苦笑))。
 Win10状態でインストールしたストアアプリは消えてました。おそらくWin8非対応のユニバーサルアプリだったのでしょう。
 レジストリがクリーンアップされるため(?)か、動かなくなってた≪天気≫が動くように(苦笑)。
 逆に≪ニュース≫≪メール≫が動かなくなってしまったのでアンインストール・再インストール。≪メール≫は再インストール失敗(?)したのか起動せずアンインストールできない状態になったのでストアから修復かけたけれど終わらず。終わらないまま起動してみたら動きました(苦笑)。環境再設定は要りませんでした。
 ハング対策で変更していた無線LANの設定は保持されてました。


メインメニューへ

テーマ : タブレットPC
ジャンル : コンピュータ

ERIへようこそ

Author:らかせ
 「最新記事」または「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です
・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります
・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください
・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください
・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください
・アフィリエイトはAmazonのみです
・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター