PureReadの効能

09/09/26初稿

 PC-Audioするに避けて通れないのがCDのRipping(リッピング)。その品質…「CDから正確にデータが吸い上げられてるのか?」は誰でもとっても興味あるところですよね。
 オーディオマニアとしては、1bitでも元データと違ったデータの音なんか聴きたくないですもんね(爆)。
 それは(半分)冗談ですが、少なくともどんなデータを聴いてるのかは知っておきたいものです。

 でも、なんだかよく解らないんだよな~


■CD-DAのエラーとどう付き合えばよいか

 さて、Pioneerのドライブには「PureRead」(*)なる機能が付いてます(何故かBDC-S02Jには付いてないけど)。

*:http://pioneer.jp/dvdrrw/pureread/index.html

 これを使うとエラーなしのRippingができるということ?
 そこで、PuresReadはどんな効果がある機能なのか、ハッキリさせてみたいと思います。

 そのためには、まず「そもそもCDのRippingにおける読み取りエラーってナンなのか」について整理しておく必要があるでしょう。
 そこで、そもそも音楽CDのエラーとは何かを考察しましたので、よろしければまずはご参照ください。

 上記記事内容を繰り返しますが、「訂正」された結果は正しい値に戻ります。「補間」された場合はハズレる場合があります(当たる可能性もゼロではないでしょう)。
 例えば、1,2,3,4,X,6、7,8,9…という音声データが読み出せたとしましょう。Xは訂正できなかったC2エラー=補間対象とします。Xを類推すると、たぶん「5」ですよね。でも、もしかしたら本当は4かも知れませんし7かも知れません。「5」と類推して実際に「5」だったら補間結果アタリで、結果的にエラーは”たまたま”訂正されたことになります。けれど実は「7」だったら、補間結果ハズレ=本来の音楽データとは違ったデータとしてRippingされたことになります。

 つまり、「補間」が発生したら正しいデータに戻らない可能性もあるということなのですが、戻ったのか否かはもちろん判りません(詳しくはリッパーのエラー訂正とは何かを考察した記事をご参照ください)。
 よって、「補間」が発生したRippingは元データと異なっている可能性があるという点で、“ちょっとキモチワルイ(笑)”ということになります。

 ですので、せめてRipping中に「補間」が発生したか否かは知りたいですよね。
 が、従来はそれをカンタンかつ正確に知る術はほとんどなかったと思います。

 いわゆる“セキュアリッパー”では複数回読んでデータ差異がないか確認しているようですが、たまたま補間結果が複数回同じ(同じでもアタリというわけではない)だったら補間発生は認識できない理屈です。
 DBに登録されたチェックサムと照合する機能も、チェックサムは音源ベンダが提供したものではないですから、その正確さは保証の限りではないでしょう。
 それに、たとえ補間発生を正確に知ることが可能なRippingソフトがあったとしても、Rippingソフトは主に曲名取得精度などにおいて好きなもの使いたいですよね。
 でもでもでも、

 知らずに「補間」したデータ聴いてたなんてヤだ!(笑)

 では、どうすれば…


■PureReadはエラーに対してどんな効果があるのか

 PureReadの効能効果はここにあり。「パーフェクトモード」に設定してRippingを行うと、訂正できないエラーが発生した時(「補間」が必要になった時)、「補間」は行わないで停止してしまうのです。
 ユーティリティの各モードの記述をとくと読み比べていただきたい。

Perfect.gif
master.gif
standard.gif

 「パーフェクトモード」のなんて潔いこと!

 つまり、「補間なんかして正しくないデータができるくらいならRippingしないでいい!」というマニア心に応える機能なのです。決して“パーフェクトに”補間のないRippingができる機能ではありません。“パーフェクトにしか”Rippingしない機能と言った方がいいでしょう。
 停止しちゃた場合はCDを一所懸命ふきふきするとかして復旧させ、停止しなくなるまで繰り返しRipに挑戦することになるのです(笑)。

 本来は「中古CD」「レンタルCD」など“状態のよくないCD”の再生時&Ripping時に補間の発生を極力抑えるための機能なんですね(それが「マスターモード」)。このあたり、エライ評論家センセイやメーカはきちんと表現していませんよねぇ(大人の事情なんでしょうけど)。


■PureReadを使ってみる

 このPureRead、バルク品には付いてない模様です(CD-R実験室さんの情報では)。
 OEMは全部調べたワケじゃないし買ってみたワケでもないですけど、Buffalo向けには機能はあるけど「設定ユーティリティ」が付いていないらしい(付属のPower2Go for PureReadで設定)。
 添付ソフト(つまりPower2Go for PureRead)以外では動作保証しない、となってるので、もし任意のRippingソフトで使えなかったら痛いです。Power2GoじゃないとRippingできないってのはヤです(苦笑)。と考えると、“抑え”として設定ユーティリティは欲しいところ。
 と考えて、仕方ないのでちと高いけどリテールのDVR-S16Jを買ってみました。

 私の環境下では、iTunes6でPureRead機能が効いてるのを確認しました。
 1trackだけ焼いて鼻の脂だらけにしたCD-RWにつき、「マスターモード」では低速Rippingになりますが「パーフェクトモード」では停止しましたので。よかったよかった。

 訂正失敗の発生はディスク回転音が明らかに変化する(リトライリードで再訂正を試みるため)ことから判ります。それまで“シャー”って順調に倍速読みしていたのが急停止し、ぐりんぐりんと読み取りを繰り返しますので。
 プログレスバーがトラックの最後まで行ったら「リトライで訂正成功」の可能性も高いですが、行かずに次トラックに移った場合は「リトライしても失敗=訂正断念=補間発生=読み取り停止」とみていいでしょう。
 そういうトラックは覚えておいて、リッピング後にデータ確認すればいいワケです。

 13/05/03追記:パーフェクトモードでも、問題発生しなければ概ね24倍速程度で読み込みます。読みにくいディスクでは8倍速程度になります。リトライが発生するとしばらく進まなくなりますが、何十分も粘りはしません。なので「1枚のCDをリッピングするのに何時間もかかる」といったことはありません(倍速値はS05JにおけるiTunesの表記にて)。
 ので、「リッピング状況を監視する」のは困難ではないでしょう。


 パーフェクトモードでRipping(が成功)すれば補間が発生していないデータを手に入れたと言えるワケで、精神衛生上は大変よろしい買い物、とは言えますね。

 ちなみにリアルタイム再生時もRipping時も有効な機能です(11/01/03追記:iTunes9&パーフェクトモードでRipping停止するTrackは同じ設定にてCD再生も停止することを確認)。

 10/07/10追記:SATAの内蔵ドライブは「17世代」に代替わりしましたね。「PureRead」も「2」になったようですが、本稿で有効として挙げている基本的機能“補間発生したら止まる(笑)”については抜本的な違いはないでしょう。
 「2」の効果についてはこちらのエントリーに記載しました(結構イケてるっぽいです)。


メインメニューへ

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
ERIへようこそ

Author:らかせ
「最新記事」または
「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です

・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります

・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください

・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください

・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください

・アフィリエイトはAmazonのみです

・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター