スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッピング条件が違うと異なるWAVデータになるか

09/09/26初稿

 音楽CDのリッピングにおいて「音がよい」「高音質」というソフトやドライブなるものが存在するのでしょうか?
 補間さえ発生していなければ、吸い出されたWAVデータはCD-DAに収められる直前の元データと一致するハズではないか? だとすると、PureReadの「パーフェクトモード」さえ手に入れれば不安は解消だ(爆)。

 ちなみに、あくまでも「Ripping」についてです。リアルタイム再生の場合と混同しないようにお願いします。
 それから、WAVデータとして吸い出す場合についてです。圧縮ファイルとして取り出す場合(ロスレスも含む)は、リッパーが搭載しているエンコーダによって音質は当然左右されます。


■ドライブ・ソフトの違いでWAVデータは異なるか

・コンペア注意
 ということで、「読み取りドライブ」と「リッピングソフト」を組み合わせて複数条件でRippingし、できあがったWAVファイルをコンペアしてみました。
 コンペアには注意が要ります。元々CD-DAフォーマットはRippingなんて事態を想定してないので、WAV形式で読み出す時の音楽データ本体の位置は、ドライブやソフトに依存するんですね。例えば読み出しが前にズレた場合、先頭には前の曲のおしりがくっつき(普通は無音=ゼロ)、末尾は本来の曲の長さ情報に基づき先頭にくっついた分カットされてしまうようです(後ろにズレた場合は逆に)。
 そのため、音楽本体部分のバイナリは一致していても、普通のファイルコンペアソフトでは一致しないことがあります。この点、PC-Audioにおける「バイナリ一致」という用語には充分注意が必要です。

 ズレに関しては簡潔・正確に説明しきれませんので、ご興味ありましたら詳細はオフセット考察記事をご覧ください。

 そこで、WAVファイル専用のコンペアソフト(フリー)を作った方がいらっしゃるのでありがたく使わせて頂きます。その名も≪WaveCompare≫。PC-Audioの必需品。efuさんありがとうございます。

 11/01/23追記:有名なリッパー≪EAC≫にもWAVファイルコンペア専用ツールが付いていますが、≪WaveCompare≫の方が多機能ですね。
 また、yakkiさん作≪音くらべ≫というフリーソフトもあります。こちらはファイル指定方法などの点で結構便利かも。

 ちなみに、≪WaveCompare≫で表示される「(総)サンプル数」には「ゼロサンプル数」が含まれています。
 さらにちなみに、「サンプル」はステレオ(2ch分)です。サンプル数を44100で割ると時間になりますから。

・実験
 以下の通り、3種のドライブと2種のRippingソフトを用意して合計6種類のRippingを敢行。すべてBDドライブなのはご愛敬(笑)。
 対象CDは、「オリジナルデータ」が担保されている必要があるので、HDC-1Lに付いてきたe-OnkyoサンプルWMA(ロスレス)をデコードしたWAVファイル(もちろん16bit/44.1kHz/2ch)をCD-RWに1trackだけ焼いたものを用意。
 CD-RWにしたのは、より反射率が低い方が条件キツイかと思いまして。

  0.元WAVファイル
  1.iHES208+iTunes6
  2.iHES208+CarryOnMusic10
  3.SW5582+iTunes6
  4.SW5582+CarryOnMusic10
  5.BDC-S02J+iTunes6
  6.BDC-S02J+CarryOnMusic10

 さて、この6+1種をWAVコンペアしてみると、

・先頭末尾は異なるもののWAVコンペア結果はすべて一致した。
・先頭末尾のゼロサンプル数はドライブが違ってもソフトが違っても異なる。
・逆に、ドライブとソフトが同じなら先頭末尾も含めて毎回完全一致する(試したのは2~3回程度ですけど)。

*13/11/30注:ソフトによる影響は例外的なようです。詳細は上記リンク先記事をどうぞ。

 ファイル0番という「CD-DA(今回の物理的媒体はCD-RW)になる前のファイル」と、その他Rippingしたファイルがすべて一致したということは、

 Rippingにおいて、ドライブやソフトは(たぶんそれなりのものなら)何を使っても、できあがるWAVファイルの“音楽データ本体”には影響を与えていない。

ということですね(“本体”とは前後のゼロサンプルは除くという意味です)。
 もちろん、補間などのエラー発生を抑える性能については別途考える必要がありますが、それ以前の基本的機能としてはドライブやソフトに根本的差異はないということです。

 11/02/23追記:99年にリッピングしたアルバムのファイルを発掘してきました。もちろん44.1kHz/16bitのWAVファイルです。
 リッピング環境に関する正確な記録は残っていませんが、当時の手持ちの機材の記録から、Pioneer製「DVD-303S」なるSCSIドライブと≪CD2WAV32 R3.00 beta1≫を使って取り込んだと推定されるファイルです。OSはWindows95だったかな?(98は買ってないので)
 果たして“全然イマドキじゃない”ドライブやソフト(やOS)ではキチンと読み出せていなかったのでしょうか?
 ということで、この10年以上前のWAVデータ10曲分につき、最新のPureRead2パーフェクトモードでエラーなしRippingしたデータと比較してみました。もちろん10年前と物理的に同じCDです。
 結果、10曲すべて一致。
 やっぱり、あんまりドライブやリッパーに拘る必要なさそうですよ。

 さて、ということでPureReadを手に入れたマニアは「パーフェクトモード」しか基本的に使わなくなるのである(笑)。

・「エラー訂正を有効にする」とは何か
 11/01/03改訂:上記テストでは、この設定があるiTunes6で「有効」にしてます。ので若干解説をば。
 iTunesなどにあるRipping時の「エラー訂正を有効にする」という設定は、いわゆるCIRCで行うC1/C2エラー訂正そのもののON/OFFではありません。まあそうでしょう。CD-DAは“エラー訂正するのがデフォルト”なのですから。「CIRC機能を無効にする/有効にする」という設定は無意味です(というかあり得ない)。
 もしかして「フレームズレ」の対応なのかも知れませんが、最近のドライブとソフトなら、上記WAVコンペア結果を見てもあまり気にする点ではないと思います。
 謎だらけのiTunes「エラー訂正」ですが、実験して何やってるのか推定してみましたのでよろしければ。

 ちなみにWindowsMediaPlayerにもあります。判りにくいですけど(デバイスタブのドライブのプロパティ)。
 iTunesと同じ機能かどうかも判りませんが。


 12/05/24追記:ちなみに、iTunesのリッピング設定は「自動」ではなく「カスタム」にしてサンプリングレートなどを手動指定していますが(自動だとなんとなくキモチワルイので)、自動にしても出来上がるファイル(ヘッダ)は同じようです。




 以下、09/09/26別稿として上げたものを14/08/26にこちらに統合。


■そもそも「補間」は発生しているか

 正確に言うと“「類推補間した結果ハズレ」は発生しているか”だけど。
 上記実験結果、「エラー補間」さえなければ(フレームズレはこの際無視)、Ripping(リッピング)時点でAudioDigitalDataの“痛み”はないと言ってよさそうです(再生時に音楽データ前後のゼロサンプルが影響を与える可能性についても否定はしきれないが、ここではパス)。
 ですので、次の問題は“通常のRippingで「補間」はそんなに発生しているモンなのか”だと言えるでしょう。

 以下、PureReadを活用したERIでの実験結果です。リッピングソフトはiTunes6を使っています。ドライブはDVR-S16J。
 ソースCDは上記記事でで作ったCD-RWです。

・CD-RWに鼻の脂の指紋でエラー発生?
 これは効きます。付けすぎると「パーフェクトモード」じゃなくても読み取れずに停止してしまうほど。
 ということで、脂分を調整(笑)しながらRippingすると確かにWaveCompareで不一致点が見つかるファイルができあがります。脂の付き具合で不一致点が変化していくので、補間が発生しているのだと推定されます(正しいデータとの差異も微妙だし)。しかし、見た目にまだ油膜が付いてるような状態でも補間は発生しなくなります。それなりに拭いてやればもう大丈夫。CIRCのC1エラー/C2エラー訂正は結構強力なのだと感じますね。
 DVR-S16JでPureReadを使うと、「パーフェクトモード」で停止した脂状態では「マスターモード」なら1倍速くらいでがんばって読みこんで、不一致点が20カ所ほどあるファイルができあがりました。
 これがエラー補間の正体だ! ってカンジです。

脂で補間

・Ripping中の振動でエラー発生?
 よく、Ripping中のドライブの制振も重要だと言われます。制振してRippingしたデータは「ヴェールが1枚剥げたような」音になるんだとか。つまり、何も対策しないと、微妙な振動を受けることで微妙なエラー補間がほぼデータ全体でまんべんなく発生しているってことになります。ホントかよ?
 じゃあ、ガンガン叩いたらさぞかし、と思うけれど、iHESやS02JをRipping中叩いてできたファイルはWaveCompareで元ファイルと一致。補間は発生しませんでした。
 新しいドライブをあんまり酷使するのは気が引けるので(弱気)、ちょっと古めのドライブDRW-AT5をかなり激しく叩いてみたらRippingが一旦停止するほどの状態に。さすがにめちゃくちゃなデータになってたけど、実際に聴いてもあきらかにグシャグシャ。ヴェールがかかるとか剥げるどころじゃなく、これはもう「音質」の問題じゃなかった。

・まとめ
 結論。
 イマドキのドライブやリッピングソフトなら、多少のCDメディアの問題やRipping時振動ではエラー補間までは発生しないのです。たとえ発生してもよほど酷い条件でない限りは数サンプルが類推補間されるだけだから、そのファイルを再生した時「全体的な音質」に影響を与え「ヴェールがかかったように」聴こえるハズがない。
 なお、WAVコンペア一致するんだからフレームズレももちろん発生してない。

 意図的にエラーを発生させるためにはキズより脂がよさそう。オヤヂのが特に効く?(笑)。Rippingする時はCDをよく拭いてからが基本、ということで。

 じゃあ、PureReadなんて要らないんじゃないか? いやいや、こういう実験の検証に使えるだけでも価値ある機能じゃない(笑)。


 ちなみに、ウチではPlayerのPCとRippingのPCは全く別(設置場所からして前者が1階のリビング後者が2階の書斎)。基本的に、WAVファイルをHDC-1LのHDDにコピーして聴いているので、“Rippping環境のハードウェア状態が再生時にも影響”ということはありません。
 さらにちなみに、PCシステムにおいてはWAVと言えども立派な「データファイル」なんだから、コピーによって“少しずつ劣化”なんてあり得ませんので念のため。コピーした営業Excelファイルの売り上げが…ってくどいか。0と1が同じでも劣化するっていう説は別として。

・Power2Goのエラーログをみる
 09/09/26追記:
 実はDVR-S16J付属のPower2Go for PureReadには「エラーログ機能」(*)が付いてます。

*:http://www.st-trade.co.jp/new/A16S16_spec.html ←青字にハイライトされてるくらい押してる機能(笑)。

 じゃあ、Ripping時にC1/C2エラー発生があったか否か、このログ見れば判るってこと?
 早速やってみました。例の鼻の脂CD-RWで(またかよ)。
 エラー発生を見るのでPureReadは「標準モード」です。
 古式ゆかしくtxtファイルで出力されました。

・脂べったり付き
p2glog-befor.gif

 すんげーエラー。これでもRippingは終了しますができたファイルはもちろん補間だらけのデータ。
 11/01/01改訂:本Blogでは、この「C2 Error」ってのはC2段階でも訂正できなかったエラーのことと理解してます。つまり、これだけのByteが訂正できず補間に回ったってことですね。

・脂ていねいに拭き取り後
p2g-after.gif

 えーと、Errorなくなっちゃいました(爆)。
 やっぱり普通は「補間」が発生することは滅多にないってことでしょうね。少なくとも汚れでは。

・オマケ
 Power2Go for PureReadの設定画面です。
Power2GoSetup.gif

 PureReadに関する純正設定ユーティリティとの差は「現在のモード確認」機能くらいかな?
 というか、何故かこっちは「ディスクが入っていると設定できない」とか言わないし。

 さて、上記の設定画面を見て、

 「これなら純正ユーティリティがなくたってOK」
 「静音モードとか動かなくてもいいからちょっとでも安い方がいい」
 「古い人間なので自作PC筐体はアイボリー」

と思った向きはOEM版にチャレンジするのも一興かも。確かに安いし。
 Power2Goからの設定が他のソフトでも有効かどうかはやや冒険ですけど。


メインメニューへ

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

ERIへようこそ

Author:らかせ
 「最新記事」または「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です
・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります
・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください
・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください
・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください
・アフィリエイトはAmazonのみです
・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。