周回遅れのZ170 (しかも2枚)

17/04/08初稿

 久しぶりにメインマシン用M/B買いました。ASUS製Z170-Aです。
ASUSTeK Intel Z170搭載 マザーボード LGA1151対応 Z170-A 【ATX】
ASUSTeK Intel Z170搭載 マザーボード LGA1151対応 Z170-A 【ATX】

 6年ぶりにM/Bを買っちゃった以上、もちろん他にもいろいろ揃えなければなりません。ていうかその前に知識のギャップを埋める勉強も必要でしょう。以下、その顛末を少々。

 チップセット世代はそれぞれを代表する品名で記させていただきます(例えば100シリーズはZ170)。
 また、本稿の内容はベンダや専門家に裏を取ったワケではありませんから間違いあるかも知れません。その点ご承知おきください。


■マザーボード

 Skylake+100シリーズは「DMI帯域拡張」「PCH側PCIeのGen3化」「PCIe Storageサポート」となったことで、“ある種ジャンプアップした世代”だと思います。

 ので、発売当時、メインPC新調候補として選んだのがZ170-Aだったんですよね。

https://ark.intel.com/ja/products/82012/Intel-Z97-Chipset
http://ark.intel.com/ja/products/81761

・選択理由
 お値段がリーズナブルであることは当然として。

・DMI3必須
 M/Bとしての確実な実装への保険として一応Z170に

・DisplayPort必須
 ゲームやらないのでそろそろCPU内蔵Gfxでもいいかなと思うが、DPがないと2560x1600の3008WFPに表示できない。HDMIだと内蔵Gfx側は対応しているが3008WFP側は当時の規格でFHDまで。DualLinkなDVI-Dなら3008WFPは受けられるけど内蔵Gfx側が非対応

・PCIがあった方がいい

・ATXフルサイズが好き
 メモリ脱着時にスタッドの支えがないのは不安

・USB3.1 Gen2(10Gbps対応)があった方がいい
 Type-Cもあった方がいい

・PS/2やRGBもあった方がいい
 いざという時に頼りになるレガシーなので

 ずっと購入タイミングとキモチの盛り上がり(現役のZ68+2600Kで不満がないので)を待ってたらZ270世代に切り替わり、そのスペックを見てZ270でなくてもいいやと思って処分特価を狙っていたら売り切れちゃいました(笑)。
 そこで、とある展示品が処分されないかな~とwatchしていたら遭遇してしまいました。
 絶対Z170で組みなおすと決めていたワケではありませんでしたが、こうなるとこれも定めと買わざるを得ない(笑)。

 新型Z270-Aと比べると、Z170-Aには以下のようなメリットがあります。

・背面USB2.0がある
・RGBがある
・PCIがある

 どれも無くても致命的ではありませんが、例えばPCIeスロットが足りない状況でもないので、PCIが1本くらいはあった方がオトク。
 一方、以下の点では劣っています。

・Kabylakeを使いたいならUEFIをバージョンアップする必要がある
・PCHのPCIeが4レーン少ない
・M.2が1スロット(Z270-Aは2スロット:PCIeのレーン数増分により実現していると推定)
・Optaneがない

 SkylakeじゃなくてKabylakeじゃなきゃヤダという欲求は特にありません。
 レーン数もZ170で致命的な不足は感じません。
 M.2も、2枚以上使いたくなったらPCIe変換アダプタを使う手があります。
 Optaneは無視していいでしょう。

 ということで合理化。

https://www.asus.com/jp/Motherboards/Z170-A/
https://www.asus.com/jp/Motherboards/PRIME-Z270-A/

・PCI-Expressレーンの使い道
 Z170はZ97の8から20に増えたのことですが、12レーン分も機能が増えたようには見えません。
 実はSATA 6portをマルチプレクスできるようにうなった分を含むので、単純に12レーン増ではないんですね。
Z170HSIO.png
出典:http://www.intel.com/content/www/us/en/chipsets/100-series-chipset-datasheet-vol-1.html

 Z97はマルチプレクスなしで8レーン(厳密には2レーンはUSB3.0と排他)。
http://www.intel.com/content/www/us/en/chipsets/9-series-chipset-pch-datasheet.html

 Z270はさらに24に増えてるとのことですが、こちらは純粋に4レーン増のようです。
http://www.intel.com/content/www/us/en/chipsets/200-series-chipset-pch-datasheet-vol-1.html

 PCIeストレージが「Intel RST for PCIe Storage Device」として3セットサポートされていますが、「特定の4レーンまたは2レーン」を束ねる必要があるようです。
 ということから、

・PCIe X16第3スロット・・・「PCIe X16第3スロットとM.2でRAIDが組める」「SATA_5,6と排他でX4にできる」
                ことからPCIe#17~20セットと推定

・M.2・・・「SATA-Expressと排他」なことからPCIe#9~12セットと推定

・SATA-Express・・・「M.2と排他」なことからPCIe#13,14と推定
      SATA-Expressとして使う場合
          PCIe#13,14はPCIeに割り当て(M.2のPCIe#9,10はSATA #0,1=SATAモードに)
      SATAとして使う場合
          PCIe#13,14はSATA #0,1に割り当て(M.2のPCIe#9,10はPCIe=NVMeモードに)
          2ポートセットで移動する必要がある模様
          実際、SATAをM.2側にするとSATAポートが2個使えなくなる

ではないかと思っています。
 そして、以上から推定したPCIeレーンの使い方は以下の通りです。

・X1スロット・・・3レーン
・PCI(変換)スロット・・・1レーン
・GbEコントローラ・・・1レーン
・USB3.1コントローラ・・・1レーン
・M.2スロット・・・4レーン(IRSTセット)
・SATA-Express・・・2レーン(IRSTセット:SATA 2portと排他)
・X2(X4)スロット・・・4レーン(IRSTセット:うち2レーンはSATA 2portと排他)
・常設SATA3に割り当て・・・2レーン
・未使用?・・・2レーン

 これだと2レーン余ることになりますが、その実態はワカリマセン。何か独自機能に使っているかも知れません。
 以上、独自推定ですのでもちろん合ってる保証はない点、よろしくお願いします。

・USB3.1 Gen2の帯域
 もしかしたらUSB3.1コントローラのASMedia製ASM1142は、Gen3 X1ではなくGen2 X2で使っているかも知れません。
 USB3.1 Gen2は「bit転送レート10GT/s」で「128b132bエンコード」なので実効データ転送レートは約1.12GB/sとのことですから、PCIe Gen3 X1やGen2 X2の帯域を超えています。つまり、それらの接続ではUSB3.1 Gen2の最高性能は出せないということです(もちろん単純な規格上の話としてですが)。
 厳密に言えば「Gen3 X1 < Gen2 X2」ですから、少しでも近づけようとしたらGen2 X2接続の方がいいのかも知れません。
 素人の思い付きレベルの話ですけれど。
http://ascii.jp/elem/000/000/816/816743/index-2.html

 なお、IntelのUSB3.1コントローラDSL6540はGen3 X2かX4接続だそうです。
http://blog.livedoor.jp/ocworks/archives/52018473.html


■アレコレ

・UEFIバージョン
 購入時は0502でした。ASUSサイトのoldestは0504。早々にEZ Flash3で最新の3301にUpdateしました。
 再起動で画面出ず。何回かFANが回転・停止を繰り返して先に進みません。
 一応「Update成功」と出たのを確認した後のRebootなので、大丈夫と判断して何回か電源OFF/ONしたら正常になりました。

・TPUスイッチ
 ⅠにしたらEZ-XMPスイッチで設定したXMPモードは無視されて2400MHz設定になってました。TPUスイッチの方が上位権限らしいです。

・システム時刻
 購入時のシステム時刻が半年くらい過去だったのは何故? 普通台湾との時差くらいしかズレてないけど…

・USB BIOS FlashBack
 残念ながらオプションなので「SkylakeなしでKabylake対応へのUpdate」はできません。
 付属マニュアル(第1刷)では拡張カードは「近日発売」になってましたが、webのマニュアル第3刷では「カードは近日発売」が消えて「保守用ヘッダ」になってました(苦笑)。
 まあ、もしオプションにするとしても、対応CPU持ってない場合が一番のメリットだと思うので、最廉価CPU(の購入・売却価格差)よりかなり安くないと意味がないですよね。対応CPUがあるなら「Crush Free」機能があるので、USB BIOS FlashBackなんて一度やるかやらないかでしょうし。無料貸し出しサービスとかやればいいのに。

・SecureErase
 UEFIにツールがあります。これは便利そう。

・CPU側PCIe
 メモ。「CPU側PCIEX16にNVMe-SSD(X4),同PCIEX8にSATAコントローラカード(X1),CPU内蔵Gfx」で使える。


■帯域の意味(である調にて)

 T/sとは「Transfer per sec」のこと。Encodeやオーバーヘッドなどは考慮せず、単純に「1秒間に何bit送れるか」という意味。
 PCIe Gen1は転送クロック2.5GHzでbit転送するので2.5GT/sだが、8bit(1Byte)のデータは10bitにEncodeされている。のでデータとしての実効レートは250MB/s。
 Gen2は単純に2倍の5GT/sで500MB/sの実効レート。
 Gen3は8GT/sだが、128bitを130bitにするEncode方式に変更してリカバーし“おおよそ”1GB/sの実効レートとした(厳密には128/130=985MB/s)。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0310/interface01.htm

 なので、Gen3 X4は4GB/sの実効速度を持つと表記される。
 DMI3も同等。Intel資料には8GT/sとあるが、単純に「シリアルバス(1本)の性能」を表記しているだけと思われる。


■CPU

 普段やってることでは特に高速CPU要らないけど、もしかしてエンコードしたくなるかも知れない。
 スレッド数やCPU性能の実験したくなってもAudio用の3930Kがあるからi5でもいいけど、現行のi7-2600Kよりスペック下げるってのは買い替える意味ないような。

 UHD-BD再生にはKabylakeが必要みたいだけど、CPU以外のハードルもえらく高いし、そもそもメインPCで観なきゃならなくなること、まずないし。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/4kshugyousou/1048284.html

 そこまで速さにこだわってるワケでもないし。
 ていうかそもそもZ170-AではUEFIをUpdateしないと使えないし。
 KabylakeはWindows10以前のOSは非サポート(どんな風に「非サポート」するのかは定かではないけれど)だし。より古いOSを常用する予定はないけど、実験することはあるかも知れない。
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1703/24/news035.html

 などなどいろいろ考えたのですが、別の用事で出向いた街の中古ショップで見つけてしまったのでこれも定めと6700Kに。
https://ark.intel.com/ja/products/88195/Intel-Core-i7-6700K-Processor-8M-Cache-up-to-4_20-GHz

 Kなしもあったのですが新品と違って\2,000しか差がない。OCしなくてもKの方がクロック高いです。どうせCPUクーラーは別途買うつもりなのでKで付属しないのも問題なし。
 中古としてはコストよりOCリスクを考えてしまいます。しかし、シリコンにダメージ食わすような無茶なOCされてる可能性はそれほど高くないでしょうし、そこは中古専門店の買い取りチェックを信頼することにしました。微妙なダメージ(普通には動くが特定の負荷をかけると落ちるとか)ってのも可能性は非常に低いでしょうし。

 中古なので何かあったら1week以内に連絡しなくちゃなりません。
 マージンみるためのOCとしてスイッチでTPU-Ⅰに設定。そこから「All Coreを44倍」「メモリをXMP」に手動変更し、≪CINEBENCH R15≫や≪CPU-Z 1.78≫のBENCHで落ちないことを確認しました。問題なさそうです。よかったよかった。
 ちょっとカット&トライが必要だった点は以下メモリ項に記します。

 sSpecはSR2L0でした。発売直後はSR2BRみたいですね。その後SGX対応したものらしいです。
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/processors/000005554.html


■CPUクーラー

 6年弱使ったのでクーラーは交換します。
 PWBに負荷をかけるプッシュピン型は嫌いなのでバックプレート型にしたいです。
 プッシュピンではないけれど裏からナットで止めるだけのタイプは結局PWBに負荷がかかるので除外です。
 本来、CPU周辺の電源回路の冷却も兼ねてるハズなのでトップフロー型が欲しいと思ってました。OCする予定はありませんし。
 しかし、狙ってたCoolerMaster製はTDP81Wまでとあります。

CoolerMaster Intel CPU専用 トップフロー型CPUクーラー X Dream P115 (型番:RR-X115-40PK-R1)
CoolerMaster Intel CPU専用 トップフロー型CPUクーラー X Dream P115 (型番:RR-X115-40PK-R1)

 6700Kは91Wなので非対応ということに。実使用上問題ない気はしますがうるさいのもヤです。
 他によさげなトップフロータイプが見当たらないのでやむなくサイドフローも選択肢にしました。イマドキはM/Bの冷却上の設計としてもサイドフローは想定内であろうと割り切り(水冷を想定した機能まで載ってるワケですし)。
 でも、メモリスロットの上に被って抜き差しできなくなるタイプはイヤです(FAN外せば大丈夫でもダメ)。
 となると90mmFAN品しかない。でもバックプレートタイプがない。
 仕方ないので、6年前に買ったAINEX製BS-1156(おそらく初代)を使いまわして改造することにしてプッシュピンタイプも候補に。BS-1156はIntelリテールCPU付属クーラー用でしょうから、それ以外のクーラーへの適用はやや冒険ですがやむを得ず。

AINEX LGA1156用 ヒートシンクバックプレート BS-1156A
AINEX LGA1156用 ヒートシンクバックプレート BS-1156A

 ということで、サイズ製SCBYK-1000I「白虎」にしました。もちろんC/Pも重視した結果です。
http://www.gdm.or.jp/review/2016/0902/172150

サイズ オリジナル設計 92mmサイドフロー型CPUクーラー 白虎 SCBYK-1000I
サイズ オリジナル設計 92mmサイドフロー型CPUクーラー 白虎 SCBYK-1000I

 BS-1156バネ&ネジへの交換・互換性やM/B面のとのクリアランスやバネ強さ、バックパネルの干渉など問題ありませんでした。
 定格で≪CINEBENCH R15≫してる分には加速してもまるで静かです。


■メモリ

 メモリは半年ほど前、値上がり兆候が出てきた時点で買っておいたんですよね。いずれにしろいつかは使うだろうということで。
 Corsair製CMK8GX4M2A2666C16。XMPプロファイルで動かすいわゆるOCメモリです。
 Audio-PCでも使えるように、X79構築した時の知見に基づいて選択。8層PWB,ヒートスプレッダ付き,低電圧化のマージンに使えるようにOCメモリ。
 パッケージにはXMPってどこにも書いてないけど(苦笑)。
https://www.links.co.jp/item/cmk8gx4m2a2666c16/

CORSAIR DDR4 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 4GB×2枚キット CMK8GX4M2A2666C16
CORSAIR DDR4 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 4GB×2枚キット CMK8GX4M2A2666C16

 在庫の関係で4GB2枚パックを2個購入。
 デュアルアクセス対応は必須ですが、クワドアクセスも視野に入れて同型DIMMを4枚にしました。8GBずつで2台分賄うこともできますし。

 4枚一気に投入し、とりあえず何も設定せずデフォルト認識するSPDプロファイル(2133MHz)で≪CINEBENCH R15≫かけたら2回に1回くらいしか完走しません。ま、まさかハズレの中古CPU…?
 とちょっとビビりましたが、≪CPU-Z 1.78≫のBENCHでは落ちないこと、ブルースクリーンやハングではなく必ず「Apprication Error!」と出ることから、なんだかメモリアクセスに失敗してるっぽいと思い、メモリ1枚だけ、2枚だけにしてみたら大丈夫っぽい。
 はてなと、XMPにしてみたら4枚でも大丈夫になりました。
 試しにSPDでCLだけ16にしてみたら、頻度は減りましたがやっぱり落ちます(5回に1回くらい)。

 「SPD=DRAMチップ定格」だと思うのですが、DIMMモジュールとしては「XMP=モジュール定格」で、XMPメモリの場合はチップ定格駆動だと不安定になる場合もあるってことですかね? まあ、仕様がXMPですのでそれで正常なのかもしれませんけれど、メモリコントローラの方は定格外ですよね(苦笑)。

 でも、そうだとすると、もしSPDだとちゃんと起動せずUEFIにも入れない場合は袋小路? と思ったらZ170-AはM/B上のハードウェアスイッチでXMPモードとSPDモードを切り替えられます(Men OK!でもイケるのかな?)。なるほど、いい機能ですね。


■マザーボードその2

 Z170-Aを買ったハズなのに、今ケースに収まってるのは何故かZ170 PRO GAMINGです。
ASUSTeK Intel Z170搭載 ゲーミングマザーボード LGA1151対応 Z170-PRO GAMING 【ATX】
ASUSTeK Intel Z170搭載 ゲーミングマザーボード LGA1151対応 Z170-PRO GAMING 【ATX】

 同じくASUS製。

 とあるミスでZ170-A壊しちゃいまして。念のためCPUかM/Bかの切り分けで別M/B(またはCPU)が必要になったのと、修理するなら代替M/Bが必要だったので。壊した2日後に現役Z68マシンが昇天(UEFI更新で)して新環境構築待ったなしになるという絶妙なめぐり合わせもあり(苦笑)。

 処分価格になってきたGIGABYTE製GA-Z170X-Gaming5あたり買っちゃおうかなどと悩みながらショップを覗いたら、また展示品処分に遭遇してしまったので。-Aと比すとPCIがありませんがこの際割り切り。長いこと悩んでいても精神衛生上よくないと合理化(笑)。

・Z170-Aとの違い
・I/Oシールド
 「Q-Shield」なる、板バネではなく導電性があるクッション素材でコネクタに密着させる仕様になっています。
 ASUS自身が板バネのことを「バリ」と言ってるようですが、電波・静電気シールドとしてコネクタと電気的に密着させるために必要なものです。
 板バネなしだと組み込み易さは段違いですし、見た目も高級感あります。コネクタ群もステンレス製だそうでキレイですね。

・CPU裏
 BS-1156のバックプレート部分にリード部品の足が出てますが、干渉しませんでした。

・物理スイッチ・ヘッダ・スロット
 MemOK!,TPU,EZ-XMP,PowerSWといった物理スイッチがありません。
 S/PDIFヘッダもありません。HDMI音声用が主目的だと思いますが、ゲーム環境では必要性が低いからでしょう。
 ThunderboltやFLASHBACK用ヘッダもありません。どうせGfxカードに埋もれてしまうであろう位置の拡張スロットもありません。
 これらは、「ゲーム用途としては不要な機能は落とすことでレイアウト自由度を上げ、信号品質を優先したため」と思いたいです。1スロット無い&PCIが無いのも、変換チップも含めてCPU-PCIEX8間の配線品質向上が狙いかも。
 OC性能向上が主目的かもしれませんが、定格動作での安定性にも寄与するのではと思います。
 PowerSWはちょっと欲しかったけど(笑)。

・USB3.0のありか
 静電気保護など他にも違いはありますが、普段の使い勝手における最大の違いは「PCHのUSB3.0の内部/外部の振り分け」かもしれません。
 GAMINGでは「外部4+内部ヘッダ2」、-Aは「外部2+内部ヘッダ4」です。結果GAMINGでは背面USBポートは総合計8、6の-Aより2port多くなっています。
 互換性が気になるASMedia製USB3.1の2port(そもそもひとつはType-Cですし)を除くとそれぞれ6と4。K/BとMouseで2port消費するでしょうから、据え置きマシンとしていろいろ周辺機器を常時接続する想定だと-Aの4はちょっと心もとないカンジです。
 なお、PCHのUSB3.0は最大10ですが、うち4portはPCIeと排他ですのでPCIeを減らさない限り6portとなります。

・LED
 にょろにょろ光ります。GAMINGなので。イヤならUEFI設定で消せます。

https://www.asus.com/jp/Motherboards/Z170-A/
https://www.asus.com/jp/Motherboards/Z170-PRO-GAMING/

・PCI-Expressレーンの使い道
 同じようなスロットに見えますが、PCH側PCIEX4スロットは-Aとはだいぶ異なるようです。
   ・「X2+SATA 2portまたはSATAと排他でX4」の設定はなく、X4固定でSATAも6port使える
   ・マニュアルに「当該スロットでならM.2とRAID組める」と記されていない

 よって、当該スロットはIRSTセットではないPCIeレーンで構成していると推定されます。Gfxカード3枚挿しを想定して信号品質向上を優先し、PCHからの出力をPCIeスロットとSATAポート両方に配線することを避けたのでしょう。GAMINGなので。
 M.2とのIRST-RAIDが組めなくなりますが、以下の点から実利を優先したのでしょう。
   ・IRSTセットでX4にするとSATAが2port使えなくなる
   ・どうせPCHでNVMeをストライピングしてもDMI3帯域止まり
   ・起動ディスクにしないならIRSTじゃなくてもRAIDできる

 以上から推定した使い方は以下の通りです。合ってる保証はありませんけれど。

・X1スロット・・・3レーン
・GbEコントローラ・・・1レーン
・USB3.1コントローラ・・・1レーン
・M.2スロット・・・4レーン(IRSTセット)
・SATA-Express・・・2レーン(IRSTセット:SATA 2portと排他)
・X4スロット・・・4レーン
・常設SATA3に割り当て・・・4レーン
・未使用?・・・1レーン

 してみると、M/Bの仕様って一見違いが解りませんが実は(商品コンセプトに基づき)いろいろ考えられてるんですねぇ。なるほど、お疲れ様です。

・トラブル
 UEFIは購入時版、ドライバ類は付属DVD版、M/Bセット以外はZ68マシンからまるごと移設状態にて。OSはWindows10Pro(64bit)です。

・ブルースクリーン発生
 エラー情報収集していると出て100%になったら再起動(ハングはしていないということ)。webブラウズ中が多いような…
 Skylake+100系はDDR4初物世代ということもありメモリっぽい? ならUEFIアップデートで出なくなるかも。
 とりあえずASUSサイトの≪Intel Chipset Driver 10.1.1.38 16/12/14版≫を入れて様子見。当日は一度もブルースクリーンにはならなかったが、2日めにはやっぱり発生。頻度は減った気もするけれど。なのでUEFIを3202に更新したら発生しなくなった。

・SATAカード認識せず
 玄人志向製SATA2I2-PCIe(Gen1 X1)を認識せず。
 CPU側PCIEX16でもPCH側PCIEX1でもダメ。クリーンインストール環境でもダメ。UEFIレベルでダメっぽい。H67MのPCH側PCIEX1では認識したので壊れているワケではない。USB3.0カードは認識した(CPU側PCIEX16スロットで)。
 UEFI最新状態の-Aをシステム使いまわしで起動した時はSiliconImageのドライバが入った記憶があるので、UEFIっぽい気はする。3202に更新したら認識した。

・UEFIをMouse(USB2.0接続)操作するとハング
 違うMouseだったけど-Aもハングしていた。接続していてもK/B操作で動かさなければハングしない。3202に更新したらハングしなくなったかも。もしかしてこれもメモリ回り? 


■GAMINGのアレコレ

・UEFIアップデート
 購入時UEFIバージョンは0231(15/07/17付け)でした。ASUSサイトのoldestは0603。古すぎ?(笑)
 04/01に最新3202にUpdate。慎重を期してデフォルトロードしてK/BとDPだけ繋いで4GBのUSBメモリを2.0ポートに繋いでEZ Flash3で。
 成功し、Resetしろと出て自動で再起動。が、画面出ずFAN制御しません。暫く待ちましたが変化しないので電源SW長押しで切って再度ON。テキストで「シャットダウンに失敗した~」的なメッセージが出て再起動。AMIのテキスト画面になり、F1押して設定しろとなりました。
 いろいろ変わってるようですが、0231には無かったSecureEraseが出現。RAIDの名称も「Intel RST Premium (RAID)」とかいう豪勢なものに変わってた。

・USB3.0からのUSBメモリboot
 PCHポート、ASMediaポートともにブートデバイスとしてUEFIに出現しました。PCHの方は実際起動するのを確認。

・USB3.0対応USBメモリの効果
 Windowsインストール用に買ったBuffalo製RUF3-K8GA(MSページに5GBとあったので念のため8GBに)でちょっと実験してみました。

BUFFALO USB3.0対応 USBメモリ バリューモデル 8GB ホワイト RUF3-K8GA-WH
BUFFALO USB3.0対応 USBメモリ バリューモデル 8GB ホワイト RUF3-K8GA-WH

 現物のラベルにはAがありません。色違いの2個買いましたが両方ともなので不良品ではないでしょう。おそらく現物変更なしでのパッケージ変更(対応OS表記追加など)または添付ソフト変更によるものと思われます。
 ちなみにアクセスランプ付いてます。

 Windows10Pro CreatorsUpdate(x64)インストール時の「Windowsをインストールしています」画面(Windwosファイルのコピー中~処理が完了します)の時間を測ってみたところ、「USB3.0ポート:5m07s」「USB2.0ポート:6m10s」でした。ターゲットはM.2(SM961-128GB)、他のストレージや拡張カードはナシです。
 1回しかやってませんので確定的なことは言えませんが、一応効果あるように見えます。所要時間の大半は「ファイルのコピー中」ですからそこで差が付いてるワケで、Window10インストーラはUSB3.0モードでアクセスできてるってことですかね。

 ちなみに、USB3.0接続で同USBメモリにインストールUSBの中身をコピーしてみたところ、デカいファイルは平均5MB/s・最大10MB/sくらいだったでしょうか。細かいのだと1KB/sくらいまで落ちてました。
 コピーしただけでインストールUSBとしてbootしました。ホントだったんですね。

・PCHのGen設定
 メモ。AUTOにしておけば、Gen1対応のSATAコントローラはデバマネで認識されているしNVMeはGen3であることを≪Cristal Disk Info 7.0.5 x64≫で確認。
 Gen3やGen2に固定してもSATAカードが見える。NVMeは設定したGenになっている。つまり「固定ではなく最高速度を決める」設定か。


 Z68+2600K+HD5750からZ170+6700Kに移行したワケですが、キビキビ動くようになったのが体感できます。webページの描画とか。メモリはDDR4になり容量も8GB→16GBに増やしましたが、それ以外は再インストールもせずにまるごと入れた状態で、です。6年も経ってますからねぇ。
 結果的には、いろいろ調べた結果“質実剛健”とも思えるGAMINGにして(なって?)よかったかも知れません。リアI/Oの配置もとても合理的でウツクシク見えます(PS/2が一番はしっこにあるところとか(笑))。
 試しにDMI設定をAutoからGen2に変えてみたら遅くなった気が。いわゆる“足回り”強化は結構効いてるのかも知れません。


メインメニューへ

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

ERIへようこそ

らかせ

Author:らかせ
 「最新記事」または「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です
・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります
・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください
・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください
・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください
・アフィリエイトはAmazonのみです
・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター