スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SE-U55SXに安定化電源

09/10/17初稿

 小型のACアダプタって普通「スイッチング電源」です。Audio的にはいいものではないことになってます。DDCとして活躍中のSE-U55SX、小型のACアダプタで5V給電しますがどう見てもスイッチング電源ですね。これを「安定化電源」「ドロッパ電源」「シリーズレギュレータ電源」などと呼ばれる方式の電源に交換してみます。

 電気に詳しい方は自作されたりしてるようですが、私には無理なので、市販の安定化電源を中古で購入。KIKUSUI製PMC18-3A。メーカの開発部門や工場で使われているものです(私もかつてはお世話になった)。流石にAmazonでは売ってない(笑)。
 DCプラグは極性統一#2規格のようです。DCケーブルくらいは自作して、いざACアダプタと聴き比べ。

 念のためですが、音質変化はシステムに依存しますし、その感想は主観的なものです。あしからずご了承ください。

 最初はよく判りませんでしたが、何回か交換比較してみると、安定化電源の方が分離がよく立体感があります。一聴すると音量が減っておとなしくなったように聴こえますが、肉声の艶気が出てくるので安定化電源の方がよいです。

 ちなみにPMC18-3Aを5.00V出力設定で消費電流は0.60Aを表示します。面白いのは24/96再生すると0.63Aになること。データが増える分USBマイコンが忙しくなるんでしょう。
 余談ですが、USBバスパワーはMax500mAですからU55SXは規格上バスパワーじゃ動作しないってことですね。製品としても最初から動作するなんて言ってませんけど(笑)。

 ということで、ウワサは本当だったようです。


 …が、少し聴き続けていると低域がちょっとふくらみ気味なのか違和感を感じるようになりました。32bit時代にHDC-1LのUSB2.0をBIOSレベルでDisableにすることで低域が出るようになったためDisableで使ってましたが、試しに(低域減らすため)Enableに戻してみたところ、う~む、今度はこっちの方がいいかな。

 でも、イマイチつまらない音なような…

 ここで考えました。

 プレーヤPCにしているHDC-1LのACアダプタもスイッチング方式でしょう。こっちもなんとかしたいけど、どうせ19Vの入力をPC内部のDC/DCコンバータで12Vや5Vなどいろんな電圧作ってるので、どうしようもないかな~と思ってました。これが油断。
 スイッチング電源は「AC側とDC側の分離が緩くなることでグランドループの要因になる可能性があること」と「それが発生させるノイズで入力AC電源を汚してしまう可能性があること」から、アイソレーションすべきと言われています。でも、ひとつしか持ってないアイソレーショントランスTX-200は、一番デリケートであろうSE-U55SXにあてがってました。
 けど、考えてみると安定化電源はそれ自体がトランスですからAC側とDC側の分離はかなりOKなハズ(少なくとも付属ACアダプタの比ではないハズ)。であればTX-200はHDC-1Lに使った方がいいんじゃないかと。

 やってみたらハマりました。こっちが正解ですね。音の鮮度がぐんと上がりました。キラキラしてます。
 ということはやっぱりUSB2.0はDisableの方がいいのでは、と変更してみると、32bit時代と同じくDisableが正解のようです。
 より解像度が上がって高域も低域も出がよくなりました。

 電源の取り方というかグランド調整というか…いや、Auidoチューニングって難しい。


 お手軽なドロッパ電源としては、これなんかも効果あるかも知れませんね。試してませんけど。




P.S.安定化電源のトランスが「ぢ~」というのが低音量の時耳に付くのはどうしたものか…


メインメニューへ

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

ERIへようこそ

Author:らかせ
 「最新記事」または「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です
・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります
・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください
・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください
・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください
・アフィリエイトはAmazonのみです
・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。