FC2ブログ

Windows7アップグレード版の所作:特に32bitから64bitへ

09/10/24初稿

 世の中混乱してる。特に32bit→64bitの場合。

「アップグレードインストール(いわゆる上書きインストール)が“機能として”できるか」



「リテールのアップグレードパッケージに“アップグレード権”があるか」

は別問題。32→32、64→64はいいとして32→64はどうなの?(64→32もそうかも知れないけどとりあえず無視)
 技術的に32→64の“アップグレードインストール”は不可能として、32→64にする権利の有無の問題として、です。

 HDC-1Lをどうするかに関連する重要な問題です。Starterバージョンが出ても同じことになりそうですし。

 ということで、Windows7 HomePremium アップグレードパッケージ(正確にはファミリーパック)によるインストールいろいろ。以下、Windows7はすべてこの製品です(本稿、特記なきはすべてリテールパッケージ製品の挙動。DSP版は未調査)。
 ちなみに、当記事で使っているデスクトップPCもノートPCもIntel64対応なのは確認済みです。


■32bit版XPに対する「アップグレード権」で64bit版Win7をインストールできるか

 32bitOSを64bitOSにアップグレードインストールはできない(別OSと考えた方がいい)のでクリーンインストール(カスタムインストール)になる、という技術的な制約があるのは解ります。
 が、アップグレード版を購入してXPやVistaの32bit版を64bit版にアップグレードする“権利(ライセンス)”が得られるのか否かがよく解りません。
 いろいろ調べたところ、本家MSのサイトでやっと記述を見つけました。
 現在の32bit版OSから64bit版OSへの「アップグレード権(環境引き継ぎアップグレードインストールができるか否かではなく、使用権があるか否か)は、以下MSの正式リンクを良く読むと「OK」らしいことが解ります。
 Vistaについてですが、Win7でも同等もしくはそれ以上に緩い条件になると推定されます。

ただし、アップグレード ライセンスを使用して、カスタム インストールを実行できます。
出典:http://support.microsoft.com/kb/932795/ja

 ということで、32bit版から64bit版へのアップグレード権はあるようです。Win7付属冊子に記載のある通り。
 以下、XPは32bit版(DSP SP1a)です。Windows7は64bit版ということで。

 まずは実験用XPをクリーンHDDにクリーンインストールするところから開始。メンドクサイですが、いきなり常用環境で試すワケにはいきません。

 クリーンインストールしたXP上で64bit版DVDをAutorunさせると「互換性がないからインストールディスクからブートしろ」と言われる。ハイ、“アップグレードインストール”は確かに不可能なのは解りました。
 というか、インストーラが動かないってことは、そもそもOS上からは32→64のインストール作業自体ができないってことでは? ノートPCのVista SP2(32)上からでも同様。
 64bit版のSetupプログラムは32bit環境では動かないのでしょう(どうせ新規に入れるんだからSetupレベルは動いてもよさそうな気が…)。
 それはさておき、となると、DVDブートできないとナンにも進まないことになります。
 しかし、昨日(おそらく)MSの人が「DVDからのブートはできない」って仰ってましたが…

 MSのサイトにもしっかり載ってるし…

DVDブートできません

 しかし、MSのサイトや付属の冊子の説明をいくら読んでも、32→64のアップブレード権はないとは書いていません。というか“ある”としか読めません。とすればインストール手段が提供されていないのは絶対おかしいです。
 さらにネットを調べてみると「DVDからブートしてインストールできた」という書き込みがありました。リテールパッケージの通常版ならDVDブート出来ないと絶対ヘンですが(もとのOSが何もない状態からインストールできないとおかしいので)、それってアップグレード版DVDでもOK?

 実際やってみるとDVDブートできるじゃないですか! ちなみに32bit版も64bit版もDVDブートできます。

 ということで、DVDブートの場合はパーティション操作が可能なので、やっぱり気持ちよく入れたばかりのXPのパーティションをバッサリ削除して“クリーンインストール”。
 おお、成功!

 さて、アクティベーションは…
 おお、失敗!

無効なプロダクトキー01

 アップグレート用のキー? だからわざわざそのためだけにXPをインストールしたHDDにインストールしたのに…
 パーティションごと削除して“クリーンインストール”したのがマズかった? このダイアログ見る限りでは、MSにとって「新規(カスタム)インストール」と「クリーンインストール」はまた違うようです。わかりにくい! フォーマットだけならいいの?

 つまり

A.アップグレード(上書き)
  すでにOS環境がある状態でのインストールのみ(あたりまえ)
   ・技術的問題とライセンス的問題で組み合わせ可否はいろいろ
   ・リテールの通常版&アップグレード版ともに権利あり(かな?)
   ・DSP版ではできない?
    (XP時代はダメだったような…?)

B.新規(カスタム)
  すでにOS環境がある状態でのインストール
  (元の設定などは引き継がない新規OS環境になる)
   ・32→32(たぶん64→64も)ならOS上からも実行可能
    元のOSが入ってるパーティションを消さずそこにインストールするのが
    普通の方法
   ・通常版パッケージなら「追加」インストールも可能(マルチブートになる)
    ただし、OS上からやるとシステムのドライブレターが「G」とかになっちゃう
   ・32→64(たぶん64→32も)はOS上からSetup実行不可能
    インストールディスクからブートできる必要アリ

C.クリーン
  インストールディスクからのブート時に選択できる
  新規(カスタム)インストールの一種
  新規(カスタム)と異なり、パーティション作り直しなどによって
  以前の環境をファイルシステムレベルで全く残さない
  “クリーン”なインストール
   ・どうも「アップグレード版」ではたとえ元OSがあっても許されないらしい
    (上記の例ではできちゃうけどアクティベーション通らず)

ってことでしょうか。

 メンドクサイなぁ。またXPのクリーンインストールからやり直して、今度はパーティションを消さずにそこに“新規(カスタム)インストール”。
 別のWindowsがあるからそれは「Windows.old」というフォルダにしまうよ、OSとしては使えなくなるよと。了解。
 さて、今度のアクティベーションは… どきどき…
 おお、成功!

 ということで、元OS削除の“クリーンインストール”では、元OSが入っていたことは忘れてしまうようです。覚えておいてくれてもいいと思うけどなぁ。忘れっぽいぞMS。こうなるとなんだかWindows.oldを削除した後のアクティベーションが通るかどうかもちょっと疑問になってきます(苦笑)。注意した方がいいかも知れません。環境や手順によってたまたまそうなったのかも知れませんが…

 って、どうもRAIDモードだと元OSのことを忘れちゃうらしいことが後日判明。詳細は以下別記。

 MSのインストーラって毎度のことながらどうにも動作が解りにくい。普通にやっても必要になる注意事項「32→64の場合はDVDブートによる新規インストールが必要。元OSのパーティションを削除しないこと」は、付属の冊子やせめてMSのwebサイトに明示しとくべきだと思います。DVDブートは正規サポート外なんでしょうけれど(32bitから64bitへのアップグレード権があるのにDVDブートを正式サポートしないというのは矛盾ですが)。

 MSのサポートフォーラムには“それっぽい”情報たくさん載ってますけれど。

 いずれにしても、XP(32)からWin7(64)へアップグレード権があることが実際の動作で確認できたのはよかったです(アクティベーションできたんだから権利はあるってことですよね?)。
 Vista(32)→Win7(64)もおそらく同様の動きと推察します。


■元OSが何もないクリーンHDDに、DVDブートしてインストール作業したらどうなるか

 権利ないからダメなのは当然ですが、どういう動きするのか試しにやってみました。パーティション選択の時点で、ウワサのシステム予約領域が100MBくらいできてました。パーティション作っても「フォーマットしますか?」は聞かれず自動的にフォーマットされて進行。
 XPのアップグレード版でXPインストールする時は旧OSのディスクを入れろとか言われましたが、そういうことなくインストール完了。
 でも、アクティベーションは「このキーはアップグレード用であることが判明しました」とか出て通らず。
 アップグレード版なんだからもっと前に弾いてくれてもいいんじゃないかなぁ。そりゃ、権利がないことやってるんだから文句は言えないけれど。
 バイナリは通常版パッケージと同じってことですかね?


■その他

・XP(32)上からWin7(32)のSetupを走らせると、“新規インストール”だけでなく、できないハズの“アップグレードインストール”が選択できる(できてしまう)。
 “アップグレードインストール”を選ぶと何の警告もなく終了。なら選ばせないで欲しい。
 マジメに“新規インストール”を選ぶと、パーティション操作などするチャンスなく進んでいく。
 で、元OSは「Windows.old」に格納される。

・上記、ちなみにXP SP1ではSetupで「古い」って怒られて拒否された。SP2ならOKだった。Vistaからと違ってどうせアップグレードインストールはできないんだからSPレベルなんて関係ないと思うけれど?
 これがあったので、DVDブートでの作業でも元XPはSP2にしてからやっていた。

・「Windows.old」分のディスク空き領域がなかった場合はどうなるか?
 ちなみにクリーンインストールのXPを格納したそれの容量は約2GB弱。
 中身は以下の3フォルダ
   「Document and Settings」「Program Files」「Windows」

・システムパーティションに「Config.sys」と「Autoexec.bat」ができている。それぞれ作成日時は09/07/14でWin7のシステムフォルダと同じ日付だからXPじゃなくて7が作ったと思われる。

・ちなみに私はVistaはDSP版もリテール版も所有せず。

・ちなみに使ったXPはもちろん正規品だが、そのキーはアクティベーションしたことないもの。
 今回もインストール動作実験用のインストールなのでアクティベーションはせず。
 アップグレード元のOSのアクティベート状態は問わない模様。


■私がファミリーパックを買ったワケ

 いろいろ考えた結果、とりあえず限定商品の「ファミリーパック」を10/22の発売日に購入。
 そのとき、販売店に来てたおそらくMS派遣の説明員と思われる人にいくつか確認しました。

・アップグレード版は対象OS上からしかSetupできない。DVDブートはできない。
 XPからのアップグレードや32→64でのカスタム(新規)インストールでは自動的に旧OSは消される。

#前述の通り、この説明は誤りあり。

・ファミリーパックはひとつのキーで3回アクティベーションできる。例えば、同じPCに32bit版と64bit版を入れても2回分アクティベーションできる。同じハードウェアだが制約はない。
 3ライセンスをすべて同じPCでアクティベートすることも”理論上は”可能。もちろんアップグレード版なので元OSが同じ数だけ必要。

・“理論上”とは何かというと、そもそもデュアルブート(トリプルブート)は“保証外”なので、できるようになっているけれど保証はしないという意味。

・64bitのハードウェア要件としてメモリ2GBになっているが、このあたりはRCから変更なし。2GBないとインストールできないということはない(実際1GBのHDC-1Lにインストールできたし)。ただし、Aeroで不具合を起こす事例が報告されている。

・ちなみに元OSはアクティベーションされてないとダメ。

#前述の通り、この説明は建前の模様。

 だそうです。
 しかし、「そもそも発売日になってもファミリーパックのライセンス要件が発表されてないってどういうこと?(と言うか、要件発表予定日が発売日ってのがそもそも遅すぎでしょう)」と問いつめたら、最近MSは緩くなってるのでまあ適当に使ってくれていいとの回答でした(苦笑)。


■RAIDモードでクリーンインストールすると元OSの存在を忘れちゃう件

 本項09/11/01初稿。別稿だったが12/11/11ここに結合。

・忘れっぽい?
 元OSのパーティションを削除してクリーンインストールするとアクティベーション通らない件ですが、どうもRAIDモードでHDDを動かしてると発生するみたいです。RAIDモードといってもウチではHDD自体は1機だけで、RAID構成してないHDDへのインストールなんですけれど。
 MSのサポートフォーラムには以下の通り「パーティション削除のクリーンインストールできる」というMS側からの記載がある(*)ので、試しにIDEモードにしてやってみたら、パスワード設定画面直後のキー入力は通りました。アクティベーションはしていませんが、ダメな時はキー入力でもエラーが出るらしいので、たぶん通るのではないかと。
 ということで、「条件付き健忘症」のようです。
 新しいモードはダメらしい。古いモードで。

*:アップグレード版にて「パーティションを消去して再構築し、フォーマットして入れる事もできます」と、MSさんも仰ってます(09/11/01 15:00現在)。
http://social.answers.microsoft.com/Forums/ja-JP/w7installja/thread/75328e25-b50a-4bf8-bfa0-c5ee584aa389


 Windows8の所作はこちら


メインメニューへ

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

最新記事
ERIへようこそ

Author:らかせ
「最新記事」または
「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です

・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります

・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください

・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください

・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください

・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター