スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真央VSヨナ!トリノ女王再臨に燃ゆ

10/04/10初稿

 真央~! 祝! 世界女王返り咲き!
 ついでにシニアもジュニアも男子も女子も日本フィギュア完全制覇すげー!

 もう燃え萌え!
 …ということで、今回は世界選手権2010についてですが、最初から、バンクーバーについて書いた記事よりも冷静さを欠いて行きたいと思います(笑)。
 選手名も今回は敬称略で失礼させていただきます。

 浅田真央選手、SP、FSともスバラシイ演技でした。
 特にFSは途中から目幅で泣きながら観てましたよ(マジで)。
 しかしFSの得点1位はヨナ。ファンも本人も「ほぼパーフェクト」と滑りきった真央が、トリプルサルコウ転倒&ダブルアクセルすっぽ抜けのキムヨナ選手に負けるとは…

・女子SP結果 http://www.isuresults.com/results/wc2010/wc10_Ladies_SP_Scores.pdf
・女子FS結果 http://www.isuresults.com/results/wc2010/wc10_Ladies_FS_Scores.pdf

 バンクーバーでは真央がツーミスでしたので結果も甘んじて受けるしかないですが、今回はノーミスがツーミスに負けてるワケで、流石に「ヨナ凄いなぁ」と無邪気に納得する気にはなれません(ちょっと紛らわしてくて申し訳ありませんが、本稿での「ミス」は転倒やすっぽ抜けなど素人目にも明らかなものを指しています)。
 ということで、今度は「ノーミスに勝つツーミス」という観点で、FSで具体的にどう負けたのか、素人なりに見てみたいと思います。

 あくまでも「実際の演技から感ずるところと、新採点法による採点結果」についてです。
 まずは自分が納得するために、です。


■テクニカルエレメンツ

 フリーなので演技順は微妙に違いますので、順番通りではありませんがそれぞれ相当する要素として比較してみます。選手名の後ろの数字が演技順です(全12要素。真央を基準にしました)。

単独ジャンプ(前半)
  真央01 3Axel 8.2+GOE0.6=8.8
  ヨナ02 3Flip  5.5+GOE2.0=7.5
  ヨナ大量加点も流石に3Aの威力で              真央+1.3勝ち!

勝負ジャンプ
  真央02 3Axel+2Toeloop  4.8-GOE0.48=4.32 3AはDG
  ヨナ01 3Lutz+3Toeloop  10.0+GOE2.2=12.2
  お約束のComb時DGで3A認定されず&ヨナ大量加点(2.2!)で  真央-7.88負け!

2連続ジャンプ
  真央03 3Flip+2Loop      7.0+GOE0.2=7.2
  ヨナ06 2Axel+3Toeloop     7.5+GOE2.0=9.5
  ヨナ得意の2A+GOEで                      真央-2.3負け!

スピン
  真央04 Flying Sit Spin(Level4) 3.0+GOE0.4=3.4
  ヨナ11 Flying Sit Spin(Level4) 3.0+GOE0.1=3.1
                                    真央+0.3勝ち!

スパイラル
  真央05 Spiral Sequence(Level4) 3.4+GOE1.6=5.0
  ヨナ05 Spiral Sequence(Level4) 3.4+GOE1.4=4.8
                                    真央+0.2勝ち!

単独ジャンプ(後半1)
  真央06 3Loop   5.50+GOE0.8=6.30
  ヨナ07 3Salchow 4.95-GOE3.0=1.95
  ヨナは転倒しているがDGなし。が、流石にGOEは-で   真央+4.35勝ち!

3連続ジャンプ(真央:後半/ヨナ:前半)
  真央07 3Flip+2Loop+2Loop   9.35+GOE0.0=9.35
  ヨナ03 2Axel+2Toeloop+2Loop  6.30+GOE1.4=7.70
  ヨナ得意の2A+GOEで基礎点3点差を追い上げるも    真央+1.65勝ち!

単独ジャンプ(後半2)
  真央08 3Toeloop 4.4+GOE1.0=5.4
  ヨナ08 3Lutz   6.6+GOE1.4=8.0
  3Tと3Lzならそりゃそうだよねの                真央-2.6負け!

単独ジャンプ(後半3)
  真央09 2Axel 3.85+GOE1.4=5.25
  ヨナ10 2Axel 0 *すっぽ抜け
  比較しようがない                        真央+5.25勝ち!

コンビネーションスピン1
  真央10 Flying Combination Spin(Level4) 3.0+GOE0.5=3.5
  ヨナ04 Flying Combination Spin(Level4) 3.0+GOE0.5=3.5
  甲乙付けがたいという判定で                   同点!

ステップ
  真央11 Straight Line Step Sequence(Level3) 3.3+GOE0.9=4.2
  ヨナ09 Straight Line Step Sequence(Level3) 3.3+GOE0.8=4.1
  ほんのちょ~っとだけ良かったという判定で          真央+0.1勝ち!

コンビネーションスピン2
  真央12 Change Foot Combination Spin(Level4) 3.5+GOE0.8=4.3
  ヨナ12 Change Foot Combination Spin(Level4) 3.5+GOE0.6=4.1
  ほんのちょっとだけ良かったという判定で           真央+0.2勝ち!


 ということで、
 ジャンプ系・・・-0.23負けてます。
 スピン系・・・・ +0.50勝ってます。
 ステップ系・・・+0.30勝ってます。
 で、合計0.57勝ったと。

 スピン系とステップ系では(一応)ノーミスどうしの勝負でギリギリ勝ってますが、ジャンプ系では「3S転倒2Aが0点」のヨナに負けてる。
 納得できるのは単独ジャンプ(後半2)の3T VS 3Lzの点差くらいでしょうか。
 やっぱりデカいのは勝負ジャンプ(勝手に命名)「3A+2T」の3Aダウングレード。単発は認定されてるけどこっちは回転不足で2A扱い(SPも)。バンクーバーでは認定されてるけど、今回は何かダメだったんですねぇ。素人目には違いがワカランけど。
 やっぱり「ジャンプ+GOEのヨナ」ですね。採点上は。


■プログラムコンポーネンツ

1.振り付け
  真央 8.25
  ヨナ 8.35   ここで-0.1差
2.要素の繋ぎ
  真央 7.4
  ヨナ 7.75   ここで-0.35差
3.音楽解釈
  真央 7.95
  ヨナ 7.95   同点
4.実行力
  真央 7.55
  ヨナ 8.15   ここで-0.6差
5.スケート技術
  真央 7.9
  ヨナ 8.45   ここで-0.55差


 これは凄い。あの演技の結果が
“4項目で負け、かろうじて1項目で同点”
とは…
 合計-1.6負けてて、FSでは1.6倍が得点になるので、-2.56負けたワケですね。

・振り付け
 何もいいますまい。

・実行力
 ヨナは3Sで転倒した後なんかは「ケガ? 棄権?」と思ったほど演技中断して、2Aも抜けちゃったのに、微妙な回転不足判定以外ミスのなかった真央よりも上なのね。
 何を実行する「実行力」なんだろうね。

・要素の繋ぎ
 ジャンプを2回ミスしてる以上「繋ぎ」の演技する機会自体が減っちゃってるハズなのになー
 何を繋ぐ「繋ぎ」なんでしょうね。

・スケート技術
 原題「Skateing Skills」なので、技術=テクニックではなくスキルを見るらしいですね。
 ちょっと調べたところは、具体的には「漕がないでスピードが出る」「音が静か」「エッジの角度が深い」といったことになるそうです。ヨクワカリマセン(笑)。
 ジャンプなどの技とは関係ないそうでうが、実際には影響されちゃうのは仕方ないみたい。
 ということで、ルール上は矛盾ないみたいですが、以下に愚痴を書いておきます(苦笑)。

 スピンやステップでは真央の方がテクニカルの得点は高いのに「技術」はヨナの方が上なのね。はいはい。
 ジャンプでは真央は3Lzは確かに苦手(というかe判定以来封印中)で、3回転ジャンプは3Tと3Fと3Loの3種(3Lzと3Sがない)で、ヨナは3Lzと3Fと3Sと3Tの4種跳ぶからね(今回は3Sは転倒したけどね)。真央は3Lzの代わり?に女子最高難度の3A跳べるけど、それじゃあ点にはならないのね。はいはい。
 見方を変えて“跳んでないトリプル以上のジャンプ”で比べると、真央は3Lzと3S(基礎点6.0+4.5=10.5分)。ヨナは3Aと3Lo(基礎点8.2+5.0=13.2分)。なんだけどね。きっと跳んでるジャンプの出来が違うんでしょうね。

・音楽解釈
 誰が何を解釈する出来を判定してるんだか。

 テクニカルエレメンツでは+0.57しか勝ってない。
 プログラムコンポーネンツでは-2.56も負けちゃった。完敗。
 ヨナは転倒による減点1.0。
 で、合計-0.99負けちゃった!

 ヨナはやっぱりGOEが凄い。今回は9.4。真央は7.72(バンクーバーでは8.82)。
 一見バンクーバーの時(17.4)よりフツウに見えますが、3S転倒で-3.0を食らってのこの結果。それが無ければ12.4。3Sはバンクーバーでは1.4のプラスをもらってるので仮に同じ加点があったとしたら13.8。ついでに言うと2Aは無効になってるのでもちろん加点減点なし(バンクーバーでは加点1.4)な状態でこれ。

 やっぱり飛び抜けてる。

 という結果を踏まえながら、観なおしてみると…

 全然納得でき~ん!!!
 結果的には勝ったのが救いだけど。
 あ、いや、人それぞれだと思いますよ、はい。
 あくまでも採点法(ルール)についてですよ、はい。


 ヨナ、あれだけ酷かったSPでも60.3。いや~凄い。(私にはワカラナイ)何かが凄い。

 ←大判写真集のように見えますがそうじゃないです。


メインメニューへ

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ERIへようこそ

Author:らかせ
 「最新記事」または「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です
・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります
・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください
・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください
・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください
・アフィリエイトはAmazonのみです
・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。