スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PureRead2の効能:“2”は進化しているか

10/08/14初稿

■PureReadが潔いのはいいけれど

 唐突ですが、約1年前「PureRead」についての記事を挙げました。
 その時のPureReadは「無印」でしたが、その後「PureRead2」にバージョンアップされています(*)。
 基本的な機能は変化なく、アルゴリズムを強化して読み取り性能を上げているそうです。

*:http://pioneer.jp/bdd/products/bdr_s05j/point4.html

 PureRead(の「パーフェクトモード」)は補間が発生していない(ことが確認できる)WAVファイルをゲットするには必須のアイテムだと思いますが、それは単純に

 補間しなければならなくなったら止まっちゃう
=補間が発生するtrackは正常リッピングできない
=補間発生を是として泣きながら「マスターモード」以下でリッピングする
=「このWAVファイルは補間入りなんだなぁ」だと思いながら聴く

ということであって、読み取り性能の向上によって“より高いダメージレベルでも補間が発生しないで読み取れる”なら、それは喜ばしいことです。

 が、こういうのってカタログスペックであって実効的にはあまり変化ないことも多いんですよね。比較データなんかもないし。
 で、見せてもらうじゃないか「PureRead2」の性能向上とやらを、と言うことで購入しましたBDR-S05J。
 今回BDドライブにしたのは、PCのベイ数の関係やBDのRead/Write環境アップデートの目論みもあるためです。だって海のものとも山のものともワカラナイ「2」のためだけに出せる金額じゃないですもん。

 ということで、「PureRead代表:DVR-S16J」と、「PureRead2代表:BDR-S05J」のガチンコ対決の始まりです。

 対象のCDはいつの間にかキズが付いておりパーフェクトモードをもってしても最後の3track(09,10,11)は途中停止してしまうディスクです。読み取りエラー原因としてキズにしたのは、鼻の脂じゃあ状態が刻々変動してしまうためです。

 さて、それぞれ3回リッピングしてみましたが、なかなか面白い結果となりました。
 もちろんすべて「パーフェクトモード」です。Rippingは「iTunes9.0.1.8」で。

・DVR-S16J
 エラーする3trackは毎回途中停止(パーフェクトモードが読み取りを断念したということ)。尻切れトンボのWAVファイルができました。が、3trackとも3回全部容量が違いました。つまり停止するポイント(諦めるエラー箇所)が毎回異なったということです。ふ~ん、ってカンジです。

・BDR-S05J
 おおお、3track中track09と11は3回とも完走しました! 加えて、残りの「3回とも途中停止したtrack10」も、3回すべて同じ容量になったという安定感(笑)。オマケにS16Jより大容量です(つまりエラー何カ所かを乗り切りギリギリまで“より”粘ったということ)。
 こういう結果が出るとなんとなく安心感を感じてしまいますね。

 12/04/15追記:同タイトルをもう1枚入手(盤面みる限り傷はついてないディスク)し、該当trackを同条件でRipping。PureRead2で完走した2trackは、WaveCompereでコンペア一致。つまり、やっぱりS16J(PureRead)では失敗した傷ありトラック読み取り、S05J(PureRead2)では成功していると見ていいでしょう。

 …う~む、BDR-S05J(のPureRead2)よさげじゃないですか。流石“超高級品”だけのことはある(苦笑)。日本製だし。とりあえず撫でてあげましょう。
 ただ、PureReadの「無印」と「2」の差であると言い切れない部分もあります。DVDドライブとBDドライブという違いがあるためです。が、それを言ったら同じDVDでもS16JとS17Jだって世代が違えばハードウェアは違いますからねぇ。
 流石にS17Jを買う予定(というか理由)はないのでそのあたりの事情は判りませんが、上記結果からはS05JのPureRead2はS16JのPureReadより性能向上していると言えそうです。もちろんこの結果はある一例であり脂の場合とかケースバイケースで違ってくる可能性も当然ありますけど。ただ、脂は拭けばいいしね。

 ちなみに、S16JとS05Jを同時に実装しても、それぞれ付属のドライブユーティリティはお互い自分しか認識しませんでした。機能が異なるので当然かとは思いますが、となるとやっぱり機能が若干異なるOEMも無理のような気が。先のエントリーに書いた理由からPureRead使いとしては純正が無難かも知れません。

 13/06/02追記:S05Jにて。ユーティリティに「アドバンスド静音機能の設定」という項目があります。デフォルトは「静音モード」ですが、「常時静音モード」にするとリッピング速度も変わるようです。「標準モード」ではx8くらいからスピードアップしなくなりました。「静音モード」では途中から加速します。
 ただし、リッピング精度には関係なさそうなカンジです。


■その後のPureRead

 DVDではなくBDドライブの世代としてS05J以降を。

・06世代
 新型S06Jでは付属ソフトは変わってますがドライブ基本機能に違いはなさそう(一説にはコストダウンバージョンとか)。ラバーブラック欲しい…

 さらに標準ベゼル(というかBDXL対応)のBDR-206Mも登場。
 BDR-206Jってものありますが、こちらはPureRead2ではない(無印PureRead)ようです。紛らわしいなぁ。

・07世代
 12/01/29追記:BDR-207JBK登場。今度はJだけどPureRead2対応らしい。

 12/03/10追記:BDR-S07J登場。今度は“PureRead3+”だそうな。
 「+」は設定保存できることを示す(*)ようですね。

*:http://pioneer.jp/dvdrrw/story/index_18.html

・08世代
 13/02/08追記:08Jになりました。PureRead3+は変わらず。
 黒・白・ラバーブラック。
 13/05/19追記:208系も出ています。



 上記はBDR-208JBK。バルクではなくパッケージ品です。PureReadは2に据え置きのようです。
 他に208XJBK/BK/DBKといったバルクモデルがあるようですが、PureRead機能の有無はヨクワカリマセン。


メインメニューへ

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

ERIへようこそ

Author:らかせ
 「最新記事」または「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です
・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります
・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください
・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください
・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください
・アフィリエイトはAmazonのみです
・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。