スペクトラム拡散で高音質?

10/08/19初稿

 いくつかのPC環境でのハードウェア的なパラメータと音質の関係を試した結果をまとめて記しておきます。
 「どんな“いぢくりポイントがあるか」の備忘録的なカンジですね。

 もちろん一般論として成立していると思っているワケではありません。いろんな環境では違った結果になるでしょう。
 何事もやってみて知見を得ていかないと、ということで。


【Clarkdale自作機編】

 HDMI-Audio予備実験で組んだClarkdaleのPCにONKYO製サウンドカード「SE-90PCI」を組み込み、懸案の実験を少々。

藤本健のDigital Audio Laboratory:第184回:最廉価モデルで最高音質を実現?
~2ch出力に特化した「オンキヨー SE-90PCI」~
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050328/dal184.htm

 というふうにかなり評価の高いSE-90PCIの実力や如何に?

 出力は光S/PDIF(AudioTechnica製AT6D40)、AX2700のAUXで受けています。
 ドライバは最新の5.40Fです。
 PSUとかケースとかはノーケアですが、玄人志向の「NO-PCI」と「NO-PCI EXPRESS」でサンドイッチしています。
 え? あ、いや、お守り代わりに…(苦笑)


      


■パラメータテスト

 日頃試してみたかった「音質への影響」を思いつくもの一気に。音質評価やレビューもどきとしては一言コメント程度で。

・SE-90PCI VS M/BオンボードのS/PDIF
 まずは一応代表選手決定戦。
 SE-90PCIの方がいいです。まあ、そうでないと困るのでプラシーボかも(苦笑)。
 けど、オンボードも結構健闘しているって印象でした。普通に鳴らすにはこれで十分かも知れません。

・SpreadSpectrum
 BIOSでCPUとPCI-Eを同時に変更しました。
 Enable(拡散する)の方がいいです。
 静かになるカンジです。915GM環境でREX-Link2EXに飛ばした時もそうでした。PC内部のクロックノイズの影響はS/PDIFを通して伝播するみたいです。逆に言うと、CPUクロックに大量のジッタがあっても、PCからのS/PDIFに影響は与えていないということです。まあ、SE-90PCI上のサウンドコントローラのクロックはこの設定に無関係ですから当然なんですが、「とにかくなんでもかんでもクロックのジッタがあったらダメ」っていうことにはならないよ、とは言えると思います。
 ただ、環境によるとは思います。

・メモリアクセスチャンネル
 2GBx2と2GBx1の比較です。総容量が異なってしまう要素も入ってしまいますがやむなしということで。
 シングルアクセスの方がいいです。
 明瞭感が向上するカンジです。上記915GM環境でのREX飛ばしでも1GBx2より1GBx1の方が良かったですので、これもある程度客観性があるのではと思います。やはりメモリコントローラがひとつ停止するのがノイズ的に好影響なのでしょうか。

・CPUクロック
 定格の2.8GHz(133x21)とBIOS設定によるアンダークロック720MHz(80x9)の比較です。
 アンダークロックの方がいいです。
 消費電力もかなり下がってるハズですので、回路全体が落ち着いてくるためでしょうか。
 12/10/13追記:EISTは切っていませんでしたのでCPUコア電圧も自動的に下がっていた可能性もあり、どちらの効果か微妙かも知れません。

・Gfxクロック
 定格の533MHzと最低の133MHzに設定してみました。
 これは違いが判りませんでした。
 と、後で知ったのですが、ClarkdaleのGfxクロックは負荷に応じて自動で上下するらしいです。ということは、Audio再生している時はBIOSで133MHz固定しようがしまいが最低クロックで動いていたのかも知れません。

・SE-90PCI VS REX-Link2EX(豪勢5V)
 さて、上記のチューニングでベスト状態にしたSE-90PCIのS/PDIFと、REX-Link2EXへの無線ではどちらがいいでしょう。
 やっぱりREXでした。
 豪勢5Vの威力はすさまじいと言うべきでしょうか。
 24/96のハイレゾ音源につき、SE-90PCIから無変換で鳴らした音とuLilithで44.1kHzにサンプリングレート変換しながら(REXは44.1kHzのみ対応なので)REXで鳴らした音で比較しても、REXの方がいいです。
 ハイレゾ音源をCD音源より高音質で再生することの難しさを感じます。
 ついでに、同じREX飛ばしでもHDC-1Lからの方がよいです。やっぱりAtomのシンプルさの方がPC-Audioには向いてるんでしょうねぇ。
 上記結果を見ると、HDC-1LでSpreadSpecrtumをEnableできたらどうなるのか試してみたいですねぇ(BIOSパラメータがないのでどっちがデフォルトなのかは判りませんが、本来はEMI低減の最後の手段的機能ですので通常はDisalbeでしょう)。

・お守り(NO-PCI)
 最後に、これ効いてるかどうか、2枚ともハズした状態と付けた状態で比較してみます。
 付けた方が明らかに高域の解像度が高くなり、低域がスッキリします。
 システムによっては低域が痩せてシャリシャリに聴こえるかも知れず好みの領域かも知れませんが、どちらがいい音か? と言われたら付けた状態でしょう。少なくとも違いは明らかにありました。
 このカードが影響を与えるのは電源ノイズだけのハズです。つまりPC内の電源ノイズはS/PDIFで伝播する(どういうパラメータとしてかはさておき)事例かと思います。
 ええ、カード有無によるメカニカルな影響っていうのも可能性は無いとは言えないことも判ってますとも。


■おまけ

・アンダークロックしていると、SE-90PCIのドライバインストーラはハードウェアを見つけてくれずインストールできませんでした。SpreadSpectrumも疑いましたが、定格クロックでEnableにしている状態なら問題なかったのでやっぱりアンダークロックが臭いです。PCIクロックは変化していないはずなので理屈は判りませんが…

・SE-90PCIの「パフォーマンスモード」って何? SE-90PCIのマニュアルには出てこないのですが、SE-200PCIのマニュアルを見ると、Envy24のコントロールユーティリティ「AudioDeck」のボリューム表示などを停止して動作を軽くするモードのようです。当然軽い方が音がいいってことなんでしょうけれど、意味あるようなないような…?


    ←高級カードだとまた違うんでしょうか? S/PDIFは変わらない?


【HDC-1L編】

・USB2.0
 もちろん、USB-Audioが1.1の場合ですが。
 HDC-1LではBIOSでの設定項目はあまりないのですが、以前も記した通りUSB2.0のEnable/Disableはかなり影響あります(ちなみにP7H55D-M PROのBIOSには2.0のDisable設定はありません。というか、PCHの世代から無くなったようです)。豪勢5Vシステムではその違いはより顕著になったようで、改めてやってみると、Enableでは高域の解像感は上がるが低域の艶が減少し、ステレオ感も減り、全体的にエモーショナル感が希薄になります。
 ちなみにOSからEHCIコントローラを無効にすると同じくUSB1.1でしか動かなくなりますが、BIOSでEnable/Disableを切り替えた時の中間の効果ですかね(どっちかというとEnableに近い)。
 11/03/20追記:Fidelizerを入れたら事情が変わりました。

・オンボードLAN
 オンボードLANもDisableにしています。Enableだと低域が重たくなるカンジですので。

 なのでRipping(リッピング)したファイルをHDC-1Lにコピーするのがメンドクサくて(苦笑)。ファイルコピーする時だけ2.0Enableにしてるんですが、先日Disableに戻し忘れてて、なんだか変わっちゃったな~って色々いじくってしまいました。Disableに戻してない事に気づいて直し、「これこれ!」ってカンジでした。

・おまけ:外付けUSB-HDD
 同じバイナリでも、内蔵HDDからの再生と外付けUSB-HDDからの再生では音が違います。USBを作動させること及びデジタルデバイスが増えることによる電気的ノイズ増加によるものと思いますが、外付けHDDからの再生の方が重く鈍い音になります。というか、内蔵HDDからの再生でも、外付けHDDを接続してあると音質劣化すると思います。


【E-350自作機編】

 この項12/06/03追記。

・USBドングル
 E-350システムはHDMI-AudioなのでAudio-I/FとしてUSBは使っていませんが、どうしてもUIF用デバイスは必要になります。
 なので、2.4GHz帯の無線Mouse用ドングルとBluetoothのPS3-BDリモコン用ドングルの2個接続していました。が、やっぱりドングル外した方がよく聴こえるんですよね。
 そこで、ドングル減らすことにしました。BIOS設定どうするかとかいろいろ考えたのですが、プレーヤPCを操作するためにBDリモコンは外せないので、MouseをBT接続にして2.4GHz無線をやめることにしました(K/Bはもともと必要な時しか繋ぎません)。
 んで、せっかくだからと同時にBTドングルも最近の「ノートPCの電池が保つ」という謳い文句のモノに変えてみました。消費電力は低い方がよいと思いますので。

  ←BluetoothのMouseはこれにしました。


 2.4GHz帯無線ドングル削除も効果ありましたが、BTドングル変更も思った以上に効果あり、でした。
 結構違って驚いたのですが、実は使っていたBTはClaas1、つまり100m対応のものだったのです。PC-Audioで使うことなんて考えてないころに買ったものですから、強力な方がいいと…
 PC-AudioのUIFとしては10mで十分なので、BTはClass2をオススメします(笑)。

 ということで、PCのUSBコネクタに直挿しして使っていたのですが、敢えて「フェライトコア付きノイズクリッピングダイオード搭載USBケーブル」経由で接続することによるUSB信号線のノイズ対策を思い立ちました。
 やってみたところ、なんだかスッキリ感が出てよさげではないですか。特に低域がクッキリします。2.4GHz無線ドングル外した時と似た効能があるような気がします。

  ←1m。私のは70cmですけど。

 残念ながらこのシリーズ↑に「延長ケーブル」は存在しないようなのでB→A変換アダプタで接続しています。



・ファン
 12/10/07追記:CPUファンとNipron電源ファン(SANYO製SF8-S1)のケーブルをM/Bから引っこ抜いてみました。
 何となくケーブル抜いた方がクリーンな音(低域のアクが抜けるカンジ?)になるような気もしましたが、決定的ではありません。どちらかと言うと電源ファンの方が影響していそうです。ケースは開けたままの比較です。
 ファン電源を別にする、といった結構メンドクサイ対策に対する効果としては薄いと思えました。
 とは言え、単純な12V給電ですから、M/B経由で行う必要もない(回転数は見えなくなりますが)ということで12Vペリフェラルコネクタから給電するようにしました。その方がやや生っぽさが出る気がします。


メインメニューへ

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

ERIへようこそ

らかせ

Author:らかせ
 「最新記事」または「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です
・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります
・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください
・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください
・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください
・アフィリエイトはAmazonのみです
・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター