スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MatrixRAID解除でデータ保持できるか

10/08/22初稿

 メインシステムのアップグレードをチマチマやっています。先日のグラフィックス環境の強化に続き、ストレージ環境の整備をしようかと思って。
 課題はデータ保護です。リアルタイムのミラーリングとしてIntelのMatrixRAIDのRAID1を使ってるのですが、システムハングでリセットした時など、かなりの確率でRebuildが発生します。1TBのRebuildには5時間くらいかかりますのでちょっと不便です。
 そこで、RAID1対象データをかなり絞り込んでRAID1ボリュームを小さくしようかと思っているのですが、現在構築しているMatrixRAIDについてデータを残したまま「RAID解除」が出来ないと、新たにHDDを購入してデータコピーが必要となります。または何とかしてバックアップした後RAID解除して同じHDDにレストア。どうしても必要ならやむを得ませんが、できればやりたくない作業です。
 ということで、MatrixRAIDの解除がらみについて少々実験してみました。

 ちなみにアプリレベルでは「Intel Rapid Storage Technology」とかいうカワイイ名前に変えたようですが、OptionROMの名前「MatrixRAID」で記します。

 である調でいかせていただきます。


環境:Asus製P5B-Delux(P965&ICH8R) RAID OptionROM v6.1.0.1002

*対象にできるHDDが2機しかない時はメンバにするディスクを選択できない。当たり前だがグレーアウトしてあるので気づきにくい。

*例えばRAID0を作った後RAID1を作ると(その逆も)、後から作る2個目のRAIDボリュームは残り全領域しか選べない。

*CleateやDeleteはVolumeに対して。ResetはDiskに対して。Cleateすれば自動的にRAIDメンバになる。逆に、RAID Volumeがひとつも無くなれば自動的にNon-RAIDメンバとなる。


■RAIDメンバとは

・先頭20GBパーティションだけ作ってWindows7をインストールしてあるHDDを、まっさらの同型HDDとRAIDメンバにしてみた。
 ICHに接続しているとRAIDボリュームしか見えないのでBootできず。
 オンボードのJMicronコントローラ(IDEモード)でもBootできず。
 ResetDisksでメンバからハズしてみても、ICHでもJMicronでもBootできず。
 インストールDVDの修復セットアップでは対象OS見つからず。
 別HDDからBootして「ディスクの管理」で見ると、初期化されていないディスクになっていた(Bootできるワケがない)。
 …つまり「RAIDメンバにした時点でそれまでの中身はチャラ」ということ。ああ、こわ。


 以下すべてJMicronに接続したHDDのWindows7 HomePremium(64bit)のBootにて
 Rapid Storageマネージャは入れておらず、RAID構築はすべてBIOSから実施
 対象はBarracuda7200.12 500GB 2機
 RAID0とRAID1のみ対象(特にRAID1のデータ保持が焦点)
 記載の順番がボリュームの位置順(作成順)


■RAID0:40GB+RAID1:480GB構成に対して

・RAID1をDeleteすると
 …RAID0は問題なし。その他領域はディスクの管理では見えなくなった(未割り当てでもなく、全く見えない)。


■RAID1:全領域構成に対して

・Deleteすると
 …ディスクの管理ではディスク0が残っており、ディスク1がオフラインになっていた。
 普通にオンラインにできた。両方ともデータは残っていた。
 SATAモードをAHCIにしてもそのままふたつともデータは残っていた。
 なお、Deleteすると自動的にRAIDメンバから外れるので「Reset Disks to Non-RAID」はできなくなる。


■RAID1:20GB(だけ)構成に対して

・SATAケーブルを逆に繋いだら
 …BIOSは“Normal”。エクスプローラでもそのまま。


■RAID1:20GB+RAID0:960GB(上記にRAID0を追加)構成に対して

・片方のSATAケーブルをハズして起動したら
 …RAID1は”Degraded”、RAID0は“Faild”となった。
 エクスプローラではRAID1は見えるがRAID0は見えない。
 ディスクの管理ではディスク1が初期化されていないディスクとなっていた。

・SATAケーブルを繋いで起動したら
 …RAID1は“Rebuild”、RAID0は“Normal”になった。
 が、「Volume with "Rebuild" status will be rebuild within the oparateing sysytem.」なるメッセージが出ていた。エクスローラから見ても特段おかしいところはない。が、OS立ち上げてしばらくしてから再起動したところ、BIOSでは“Normanl”になっていた。確かにOS起動中にはかすかにアクセス音があったので、アプリ入れていなくてもドライバレベルでリビルドはしてしまう?

・この状態からRAID0をDeleteすると
 …RAID1は残っていた。ディスクの管理からはこれ以外見えなくなった。
 RAID1のDeleteと同じ動作だと思われる。

・この状態から「Reset Disks to Non-RAID」で2機ともNon-RAIDにしてHDDを1機だけにしたら
 …データは残っていた。

・11/07/08追記:ちなみに、1機のみ「Reset Disks to Non-RAID」実行すると、RAID0も1も「Failed」状態になり、残り1機も実行すると当然ながらFaliledの表記も消える(RAIDボリュームが消えるから当たり前だが)。


■まとめとおまけ

*あくまでも上記環境における結果から。

・Non-RAIDディスク→RAIDメンバディスク化では、Non-RAID時代の中身は残らない。
 書いてみると当たり前か。

・RAIDメンバディスクは、RAIDボリュームとしてアサインした領域以外はOSからは見えない。それしか容量のないディスクに見える。
 これも、以下に記す“Windowsの機能などの純粋ソフトウェアRAID以外のRAID”はBIOSレベルでHDDのボリューム管理しているので当たり前か。
 MatrixRAID入りのディスクを起動ディスクにしたい時は、OSを必ずRAIDボリュームにインストールしなければならないということ。

・RAIDメンバディスク→Non-RAIDディスク化では、RAID1のデータは保持される(らしい)。
 Intelのサイトには「可能」という記述がある(*)が、加えて「RAID 1 ボリュームがマトリクス RAID 構成以下のボリュームでない場合には」という意味不明な条件があり、安心できる状況とは言い難い。

*:http://www.intel.com/jp/support/chipsets/imsm/sb/CS-022836.htm

 推察するに、RAID1以外はデータを保持してRAIDを解除することは理屈上無理なので、MatrixRAIDのメンバにRAID1以外のRAID(RAID1は2機で組むのでRAID0以外ありえないが)があると悪さする可能性があるのではないか。例えば、RAID0を解除すると未割り当て領域になると推定されるが、MatrixRAIDにおいてそれが先頭ボリュームでその後にRAID1ボリュームがあった場合など、確かに正常動作を保証しきれないと思われる。

・11/07/08追記:WDの1TB全領域がRAID1のHDD、Deleteしたら2機とも普通のボリュームとしてデータも残っていたので、大丈夫っぽい。ただし、HDDのおしりに17MBの未割り当て領域が出来ていた。RAID1で運用していた時にはもちろん見えなかった。Intel RAIDはHDDのおしりに管理領域を設けると聞いたことがあるが、それか。

・11/07/08追記:WDの1TBの先頭100GBがRAID0、残りがRAID1のHDD、2機ともNon-RAIDにしたら…
  ・SATAポート番号4で運用してたHDD…100GBの領域が壊れていて残りが未割り当てのディスクに
  ・SATAポート番号5で運用してたHDD…全領域未割り当てのHDDに
なった。やはりRAID0が前にあると保証できない?

・15/07/05追記:Z68+Windows8.1Update x64にて。H67で使っていたWDの1TBの全領域RAID1の2機を認識。≪ラピットストレージテクノロジー 12.8.0.1016≫からは個別ディスクは「正常」RAIDボリュームは「構築・検証中」になった。エクスプローラからは問題なく操れる。構築・検証は時間かかる模様。キャンセルしたら普通にボリュームも正常になった。ソフトからはNon-RAID化はできない。BIOS管理だからアタリマエか。BIOSからNon-RAID化(spaceキーで2機セレクトして同時に)。再起動すると1機見えない。「ディスクの管理」では1機「署名が競合しているのでオフライン」になっていた。オンライン化したら問題なく認識。おしりに未割り当て領域はない。

・2機で構築するRAID0とRAID1では、ケーブルを入れ違いに繋いでもFailやRebuildは発生しない。
 というか、どのSATAポートにつないでも何も問題発生しない。

・12/01/01追記:ICH7R(OSはXP)でMatrixRAID(RAI0+RAID1)構築して使っていた2機のHDD、H67(Win7)に繋ぎかえただけで認識されて使えた(もちろん中身のデータも大丈夫という意味で)。RAID-BIOSを確認するとすでにRAIDメンバになっていた。

・16/06/18追記:Z68で使っていたRAID1、BIOSからDeleteしたら以下のようなアラートが出たが2機とも普通のHDDになってデータも残っていた。

  Deleting a volume will reset the disks to non-RAID
  WARNING : ALL DISK DATA WILL BE DELETED
    (This dose not apply to Recovery volu,mes)

・IDEモードやAHCIモードで起動してもRAIDボリュームの破壊はない。ただしシステム領域が含まれる場合は知らない。

・Windows7の隠れた機能差
 HomePremiumでは「ストライブボリューム」が作れる。Professional(以上)では「ミラーボリューム」も加わる。
 ただし「ダイナミックディスク」にする必要あり。ダイナミックディスクは起動ディスクにできない。

・Tips:チップセットコントローラ(ICH,PCH)のIDEモードでインストールしたOSをAHCIやRAIDモードで動かす方法
 再インストールしかないという記述をよく見るが、私がやっている方法をひとつ(実績あり)。
 ICH(PCH)以外のストレージコントローラをIDEモードにして接続、そちらから起動。ICH(PCH)のRAIDやAHCIドライバをインストールしてからICH(PCH)のメンバに戻せばよい。
 インストールディスクを使った修復セットアップでは起動に関するドライバのインストールは出来ない模様(Windows7ではNGだった)。
 よって、RAIDなどいじりたい場合は、オンボードにIntelチップセット以外の(起動可能な)ストレージコントローラが乗っているM/Bが望ましいと言える(増設カードでも可だが、起動BIOSがコンフリクトすることもあるのであまりオススメしない)。



メインメニューへ

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

ERIへようこそ

Author:らかせ
 「最新記事」または「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です
・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります
・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください
・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください
・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください
・アフィリエイトはAmazonのみです
・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。