FC2ブログ

DOS/V電撃作戦

12/10/07初稿

 一口にPC-Audioと言っても、それに用いる「コンピュータ」には複数の規格が存在します。
 DOS/V(古い?)はいろいろハードウェア設定をいじくれるのが大変なメリットだと思っていますが、中でも自作PC(特にWindows環境)ならBIOS(UEFI)やフリーウェアでかなりのことが可能になります。

 デバイスの有効無効といったレベルの調整はこれまでもやってきましたが、先のGfxクロックチューンの流れでCPUクロックチューンに関心が向き、≪K10stat≫の存在を知ったことからさらに「電圧」までいろいろいじることになりました。以下、原則として“実施順”に記載しています。


 なお、言うまでもありませんが、個人の趣味として楽しんでいるものであり、音質(影響の有無)については個人の感想です。客観論・一般論とするつもりはありません。


■CPU

・≪K10stat≫
 GA-E350N-USB3のBIOSではCPUクロック逓倍率はx16以下にはできませんので、OS上からソフト制御する必要があります。
 AMD製CPUのクロックや電圧を調整するユーティリティとしては、≪K10stat≫というソフトが有名&定番のようです。

 名前の通り本来はK10アーキテクチャ用なのだと思いますが、実際には各種CPUに対応しているようです。
 E-350への対応状況はネット情報ではよく判りませんでしたが、実際GIGABYE製GA-E350N-USB3で走らせた結果は以下の通り(Ver1.54にて)。大丈夫そうです。

K10stat Info


 なお、BIOSで「Q'n'C」はDisableしておきます。するとデフォルト状態はこうなります。

K10stat QnC des


 「Q'n'C」をEnableにした時は、P2stateの電圧値は0.8000Vになっていました。

・使い方
 本来の用途は「各ステイタスにおけるクロックや電圧、ステイタス変化条件などのオリジナル設定による動的制御」なのですが、今回は「任意のクロックと電圧の固定」が目的です。ので、タスクバーからの設定は不要となります。
 例えば、「Control Function」のチェックは不要ですし、

K10stat CtrlFnc


「Lock P-state」のチェックも「Unlock」に付いたままで問題ありません。

K10stat Lock p


 ちなみに、「UnGanged」とは「gang=団結」してないって意味ですので、この設定は「マルチコアの場合にコントロールの対象となる負荷をコアごとに独立させる(UnGanged)か連動させる(Ganged)か」だと理解しています。
 ですので、

  →「P-state」タブからラジオボタンを押して各ステイタスを選択
  →プルダウンメニューでFID(Frequency ID)=PLL周波数を設定
  →プルダウンメニューでDID(Devisor ID)=PLL周波数の分周比を設定
  →FIDとDIDの組み合わせでCPUクロックが決定するので「Frequency」窓で値を確認
  →Voltageを設定
  →適用(同時に表示している「Profile*」に登録される)

すればOKです。
 動的制御しませんので、一旦設定したら終了しても状態は維持されます。

K10stat 400


 P0が最大負荷、P1が中負荷、P2が最小負荷時の設定になります。例によって「もし変化しても変わらないように念のため全部同じ値にセット」していますが、クロックコントロールをしない設定ですからP0から動くことはありません。
 FIDとDIDはCPUアーキテクチャ(M/B?)によって異なるようです。GA-E350N-USB3システムにおける値を列記しておきます。

・FID(DID=0にて。1/1の状態)
   0・・・3200
   1・・・1600
   2・・・1067
   3・・・ 800
   4・・・ 640
   5・・・ 533
   6・・・ 457
   7・・・ 400
   8・・・ 356
   9・・・ 320

…こんなカンジで27まであります。ルールは3200/(FID+1)ですかね。

・DID(FID=0にて)
   0・・・3200
   1・・・2560
   2・・・2133
   3・・・1829
   4・・・1600
   5・・・1422
   6・・・1280
   7・・・1164

…こんなカンジで15まであります。

 なお、より高負荷のステイタスには、下位ステイタス“以上”のクロック&電圧値しか設定できないようです。
 また、プロファイルを自動適用しての起動なども可能ですが、当ソフトもUACに引っかかるようですので、スタートアップからの自動起動などについてはひと工夫必要です。


■Gfx

・Gfxコア電圧
 先の記事でクロック固定をやりましたが、要領は同じです。≪CCC≫プロファイル書き換えで最低負荷ステイタスのデフォルト0.9Vから1.0Vにしてみました。

 実際に変化したかどうかは「GPU-Z」にて確認しています。電圧もクロックと同じで「低い値に固定はできない」のですが、Audio再生では0.9V設定から自動上昇することはないです。

 ところで、1.0V固定にしてもSapphire製HD5450(ファンレス)の温度は大丈夫でしょうか。
 実際のAudio再生で確認してみました(1080i設定)。結果、室温28.5~29.5℃/VGA出力もしたまま/とあるCD全曲再生、にて66℃でほぼ安定。その後再生停止のアイドル状態(DSP-Z7もOff)で1時間放置したところ63℃でほぼ安定しました。
 12/10/14追記:HDMI画面を1080pに設定して起動すると1.0V固定できずに変動します。一度1080iにしてから1080pに戻すと変動しません。不思議です。

GPU-Z.jpg


 なお、≪CCC≫プロファイルに記す値は1.0Vなら1000、0.9Vなら900となります。なんだか小数点以下3桁まで設定できそうに思えますが、実際に「975」にしたらGPU-Z表示は0.975Vになりました。

・≪ATI Tray Tools≫のTips
 本稿では使っていませんが、当ソフトでも電圧は「Custom VDDC List」で新規に作れます。「Add Edit VDDC」画面を出して「Custom VDDC value」をup/downボタンで設定するのですが、“mV単位”みたいですね(なぜかマイナスもある)。日が暮れちゃうので手入力しましょう。0.9Vなら900と入れればOKです。
 なお、ATI Tral Toolsにおけるクロック制御ですが、通常手段では最低クロック147MHz以下には設定できません。よって135MHz固定には使えないようです。コンマMHz単位の設定方法も見つけていません。


■メモリ

 メモリもいじれます。BIOSからの設定です。
 この時点でのメモリはCFD製「W3U1333-2G」です。2Gモジュール2枚組の商品ですが搭載しているのは1枚です。
 青基板の2Gbitチップ8個片面実装バージョン。DIMMベンダはelixir、DRAMチップベンダはNanyaです。
 elixirはNanya系列のDIMMモジュールベンダのようですね。MicronとCrucialみたいなカンジでしょうか。
 パラメータだけ以下に列記します。

 ・電圧
 ・アクセスタイミング
 ・インターリーブ


 しかしDOS/V自作システムで遊ぶPC-Audioは楽しいですね。プレーヤの主要デバイスの動作クロックや電圧まで好き勝手に変更して「デジタルチューニング」できるのですから。それも原則タダで。PCでやる醍醐味ですね。

 多様なツールとその選択肢の豊富さ、しかもそれがフリーであること。これこそPC-Audioにおいても「DOS/V+Windows環境ならでは」のメリットと感じています。


メインメニューへ

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
ERIへようこそ

Author:らかせ
「最新記事」または
「メインメニュー」からどうぞ

・ファイルへの直接リンク以外はリンクフリー(連絡不要)です

・一応、拍手にコメント(非公開)付けられるようにしてあります

・DB的に利用しており、過去記事もガシガシ書き換えています。特に「最新記事」は初稿から一週間くらいは直してることが多く、大幅に変わっちゃうことも。ご了承ください

・ということもありますし、記すまでもないですが無断転載(ファイル含む)はご遠慮ください

・引用の考え方については「007:諸事」をご参照ください

・ハイパーリンクは当Blog記事のみです(054:節電記事のみ例外)

・Amazonアソシエイトに参加しています(アフィリエイトはAmazonのみです)

カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター